無料ブログはココログ

2017年6月 9日 (金)

祝 レックス・リニューアルの日

  うれしいニュースが飛び込んできました。
 AFPによると、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックスは、鳥類のような羽毛ではなく、爬虫類に見られるような鱗に覆われていたとする研究結果が、6月7日、英国王立協会の専門誌バイオロジー・レターズに発表されたということです。
 以前、このブログにも書きましたが、最近は、NHK特集のように羽毛のあるティラノサウルスが闊歩しており、正直、うんざりしていたのですが、これでスッキリです。この朗報が一日も早く、定説になることを祈っています。よかった、よかった・・・(笑)
 ということで、この記念すべき日を称えて、ティラノサウルスのリニューアル第二弾です。
 
Img_15761  今回は、海洋堂から量販品として販売されており、いまや安値でタタキ売られている感のある、ティラノサウルスのソフビ模型を千円強で購入してそのリニューアルです。・・・・・私も好きです(笑)。
 この模型は、先日リペイントしたティラノサウルスのソフビの原型の使い回しで、量販品なのですから、その塗装や組み立ての安直なことはあきれるほどです。現物を手に取って驚きましたが、製造過程の不具合か、顔面は下あごが太すぎてバランスを崩していますし、グリーン系の塗装は素人のペンキ塗りのようです。外箱の商品写真だけが見事です(笑)。
Img_15871  しかし、さすが造型師の名匠、松村しのぶ作です。手を少し加えると見違えるようになります。もとの出来がよろしいのですナ、これは。
 まず、頭部は、頭頂部、上あご、顔側面にエポキシパテで厚みを付け、昔ながらの暴君竜の面影を再現しました。併せて歯も薄く削りました。そして、二本足で直立するように、レジン液を下半身に注入です。そして、塗装は、もちろんワニ皮仕上げです。今回は、ラッカーの赤茶ブラウン下塗りの上にダークイエロー塗装(ラッカー)の重ね塗りです。そして、仕上げの、黒茶系のエナメル墨入れは、シンナーで徹底的に拭って鱗模様を強調します。
 
Img_16161  出来上がりは、いかがでしょうか?やっぱり、羽毛でない、爬虫類系の鱗が魅力なのです。英国王立協会に改めてお礼申し上げます(笑)。Img_16251  Img_16181

2017年3月29日 (水)

シン・ゴジラ ブルーレイ発売

 日本アカデミー賞の最優秀作品賞が「シン・ゴジラ」とは、世の中変わったものです。こうした類の映画は、昔から一段低いものと扱われているのが常識でした。まあ、実際には、主演の男優さんが受賞の壇上で漏らした一言が普通の感覚なのでしょうが、ここは素直に快挙と申し上げましょう(笑)。
61nsumyvpll_sl1500_  ということがあって、ブルーレイが発売されました。もちろんメイキングDVD付きの3枚セット版を即購入しました。
 
 2回目を観ても、やっぱり面白いぞ(笑)。長年漠然と願っていた対怪獣戦の攻防がリアルにかつ見事に描かれています。
 官僚たちの早口セリフは、確かにその通りです。言われて気が付きましたが、確かに頭のいい奴は口の回転も速い(笑)ような気がします。
 ちなみに、メイキングは、コンピュータ映像より庵野監督とスタッフの撮影風景がなかなか興味深い。
 
 そして、やっぱりシン・ゴジラの設定が素晴らしい。庵野総監督の想像力には脱帽します。変態するゴジラなど他の誰が思いつくでしょうか。しかも、「品川クン」に「蒲田クン」という愛称まで生まれているようです。
 さらに、全身からハリネズミのような無数の怪光線を発射し、あらゆるものを打ち落とす?など、その生体機能はとんでもありません。しかも、尻尾の先からも光線を発射します。もっとも、最後はゴジラ人間とでもいうような謎の生命体を生み出したのには首をひねるばかりですが(笑)。
 
 巨大な生物という概念よりはむしろ生命が宿った機械というべきエヴァンゲリオンの世界でした。こんな人知を超えた不可思議な世界観をぶち上げて、従来のお子様指向やトクサツ技術も含めた円谷ワールドの呪縛を打ち破ったのがこの映画と言えます。円谷特撮の黄金時代をリアルタイムで知っているがゆえに、その過去にとらわれたゴジラに辟易していた者には、まことに嬉しい限りです。これを待っていたのです(笑)。
 
 というような感慨に浸ったのも、先日の「キングコング 髑髏島の巨神」を観て、そのレビューの評判が良すぎることに驚いたこととラストで登場が予告されたゴジラやラドン、モスラにキングギドラがどんな風に描かれるのか、正直、心配になったのです。
 昭和の時代のストーリーを単にCG化し、世界レベルで平成ゴジラ化した映画など見たくもありません。そうならないことを切に願っています。 
 

2016年9月11日 (日)

羽毛恐竜

  最近、恐竜の復元図に異変が起っています。
  中国で、ティラノサウルス類の小型恐竜に羽毛があったことの痕跡が発見され、いまや大型のティラノサウルスにまで羽毛のある復元図が登場してきています。
  まだ、ティラノサウルスには、はっきりした羽毛の事実は皆無であるにもかからわず、なのです。誠に遺憾なことです。
 加えて、来る9月18日にNHKのスペシャル「完全解剖ティラノサウルス」で、羽毛のあるティラノサウルスを最新の学説として、CG製のビジュアルをPRするようです。
 その前宣伝というべき書籍も発売されています。おそらく、一つの最新学説をあたかも定説のように放映するのでしょう。いつものやり方です。
_new   ・・・私は信じない(笑)。この本の表紙の復元図をご覧ください。なんと醜い姿でしょう。誰がこんな恐竜を好きになるのでしょう。(もっとも、他の科学雑誌の極彩色の復元図よりはまだマシかも)
 
 恐竜造形の草分けの造型師荒木一成氏は、次のような趣旨のこと(要約です。)を述べています。「なぜ、最新映画のジュラシック・ワールドでも、ティラノサウルスに羽毛がないのか。それは誰もそんな姿を見たくないからです。安価なカプセル・フィギュアでは羽毛恐竜が発売されているが、サイドショウなどの高価な商品には、羽毛レックスはない。メーカーがそれを買う人がいないと考え、リスクを回避しているからなのでしょう。」と。
 まさしく、そのとおりです。誰が羽毛の生えた醜い恐竜を部屋に飾りたいでしょう。
 
 それにしても、恐竜の復元は、科学の進歩とともに、大きく変わってきています。絶対に判らないと考えられていた体表の色まで一部判明してきているというから驚きです。
 もともと、私たちの子供頃は、ティラノサウルスなどは、ゴジラのように(ゴジラが当時の恐竜復元図を真似た?)垂直型でした。それが、いまや水平型であり、地面を引きずっていた尾は、ピンと伸ばされ体のバランスを取っています。この力強い尾の筋肉のおかげで走るスピードも時速50kmも出るそうです。これで死肉喰いという汚名は返上できそうです(笑)。
 
 多分、こうした科学の検証は、今の時点では正しいのでしょうが、生きものが繁栄する条件には、やはり、完成された美があると思います。いまの復元図ではなんと情けない。とても、ジュラ紀を制した帝王の姿には見えません。例え、幼体には羽毛があったとしても、成体では脱毛するのです。・・・そう信じましょう。
 
 ・・・と、ここまでこだわるのは、やはり我々のゴジラ世代が幼い頃に観た、当時の最新の学説に基づいた復元されたズデニック・ブリアンの芸術的とも言ってよいほど完成された復元図の刷り込みのせいなのでしょう。当時の少年誌などには、その姿をなぞった恐竜挿絵が満ち溢れていました。・・・嗚呼、あの頃が懐かしい(笑)。
 
 ともかく、9月のNHk特集を受けて、羽毛恐竜が世間的には一般化するでしょう。特に、幼い子らは、それが恐竜と刷り込まれてしまいます。美的センスを養う幼児教育に悪い影響が出そうです(笑)し、恐竜ブームは徐々に下火になるでしょう。とても、この情けない姿が、男の子たちに人気が出るとは思いません。まさしくNHKの功罪が問われることなるでしょう。
 ・・・ちょっと、動揺して感情的になってしまい、すみません(笑)。
 
 
 最後に、ゴジラ世代の繰り言かもしれませんが、こんな醜い情けない恐竜学説の暗黒時代が1日も早く終わることを念じています。次の新たな学説を待っています。・・・やっぱり、太陽は回っている。反コペルニクス(笑)。
 

2016年7月17日 (日)

ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX

 先日、シン・ゴジラの公開に合わせて、「ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX」なるゴジラ映画のDVDが961円で発売されました。次集から定価は1998円に値上げ(笑)。
 いまさら、ゴジラ映画のDVDなんて、特撮ファンならみんなもう持ってるし、誰が買うのかいな!と笑っていたら大変なことになってしまいました。
 
Photo  このシリーズは、DVDは完全なるオマケです。封入している付録が凄いのです。第1集は、もちろん、初代ゴジラです。その付録が、私のコレクション対象であるパンフレットの復刻はもちろん、ポスター、チラシなどなど、当時を復刻した資料が網羅されています。当時の雑誌「ぼくら」の絵物語など、そんなものまで揃っています。
 ここまでなら、もうパンフレットの復刻版は、ハリウッド・ゴジラ2014の公開時に発売されていますし、次作の「キングコング対ゴジラ」のパンフレットももう随分前に、復刻版がなにかの付録で出版されています。
 加えて、私の幼少期のゴジラ映画は、大枚(?)をはたいてオークションでゲットしているのです。恐れるものはなかったはずなのですが・・・・。
 
 ところが、今回のシリーズは、さらに上手を行っています。51集もあってゴジラ以外の映画もシリーズに加えているのです。第13集に「空の大怪獣ラドン」、第16集に「モスラ」、第18集に「地球防衛軍」、第47集に「バラン」。いずれも、あまりに希少過ぎて入手困難と諦めていたパンフレットなのです。勿論、第8集には未入手の「ゴジラの逆襲」もあります。
 しかも、20集と22集は、苦労して当時ものをゲットした異色作「フランケンシュタインの怪獣」まで加えています。
 これでは、どうしようもありません。参りました。
 実は、パンフレットの複製については、以前から個人的に熱望してきたのですが、あまりに実現しないので、このブログで紹介したように当時ものを入手してきたのです。・・・遅いよ。
 
 仕方ありません。平成シリーズは興味ないので無視するととして、昭和のシリーズは購入するしかありません。
 しかし惜しむらくは、何故51集もあるのに未入手の「宇宙大怪獣ドゴラ」が入っていないのか?誠に残念です。エビ蟹類はあるのに、軟体動物は差別か(笑)。
 
 それにしても、嗚呼、これで私のコレクションの相場は一気に急落です。時代の流れでしょうかねえ、これも。
 もっとも、私はパンフの内容を見たいのですが、世間では資料の本物と複製の違いは大きいようですので、そこに一縷の望みをかけましょう。
 しかし、ポスター・コレクターの皆さまはさらに悲惨です。51集すべて集めると、横長の特別版のポスターが景品となっています。この景品がどのくらい価値があるのか知りませんが、同じコレクターとして、深くご同情申し上げます(笑)。
 最後に、出版元に一言、お願いします。パンフレットだけ、ホッチキスで綴じるのはやめていたたきたい。他の資料と一緒に袋に入れてほしいのです。是非、改善願います。

2016年7月16日 (土)

ブルーレイ・バーゲンセール

  最近、劇場で映画を観る機会がかなり減ってしまって、要するに食指の動く作品が減った結果ですが、その代わりに家庭でコレクションのDVDを見る機会が増えてしまいました。
 
  蒸し暑い夏には、やはりSF映画が一番です。ということで、棚から引っ張り出したのが、「ロボコップ」です。もちろん第1作目です。エイトマンを彷彿させるCGもない時代の傑作です。
  ところが、DVDの映像の画質が全くよくありません。もともとの仕様が悪いのか、劣化したのか、わかりませんが、現在の画質の良さになれた目(贅沢?)にはとても我慢できません。一番の恐怖はDVDの劣化です。正直、これからどのくらい持つのでしょう。私のコレクションの行く末が思いやられます。
 
Photo_2  ということで、しかたなく、「ロボコップ」のブルーレイを購入したのです。
 さすがに画質が違います。ロボコップのボディが金属製に見える一方、見え過ぎるせいか、ご贔屓の敵ロボットED206のアニメーションの粗が見えます(笑)。しかし、やっぱり画質は細かな方が良い。ただ、この当時の映画は全般的に少しピントが甘いように感じられるのは私だけでしょうか?。
 
 さて、丁度その頃から、アマゾンでは、サマーバーゲンということで、1本1000円前後、劇場料金程度でブルーレイのセールが始ったのです。・・・下手な新作よりクラシックの名作です。
 嗚呼、この悪魔の誘惑によって、私のお気に入り作品で、今再見したいSF映画の名作、傑作のブルーレイを購入することにしました。
 
Photo_3  まずは、「エイリアン2」・・これもDVDの画質が悪かったのです。そしてやっぱり第1作の「エイリアン」は外せません。ストーリーの裏設定が素晴らしい名作です。
 Photo_5 次は、「ターミネーター」です。当時の11PMでの大橋巨泉の解説が忘れられません。
 そして、CG前の特殊撮影の細部を確認したくて「遊星よりの物体X」。この映画は、ストーリーよりモンスターの造形が素晴らしい。 
 Photo_4 そして、「猿の惑星」の第1作です。最初にゴリラが登場したシーンの感動が甦ります。今も最新作が続くとは思いもよりませんでしたし、猿人の映像の進歩は、凄まじいと改めて感心しますが、あの自由の女神のラストはまさしく名作の名に恥じません。
 最後は、「プレデター」です。モンスターの素顔のインパクトは何度見ても感激です。よくぞ、あの蟹顔のデザインを考え出したものです。お見事。
 以上、暑苦しい夏の夜の過ごし方でした。Photo_6

2016年2月23日 (火)

幸福の木からの贈り物

 今回は、映画も模型も関係ないお話です。
 実は、職場の陽が当たらない応接コーナーにやたら背だけ高い観葉植物が置かれてあって、それがもう放置されているといってよいほどの萎れた状態であったため、2年ほど前に、見るに見かねて南側の日の当たる私の事務室に鉢を持ち込みました。

 その観葉植物は、皆さんもよくご存知の、ありふれた「幸福の木」でした。正式名称を「ドラセナ・マッサンゲアナ」というそうですが、ハワイでは家の前に置くと幸せになるという言い伝えから、我が国ではこんな名前で売り出されてきたらしい。ネットで調べました(笑)。

 日ごろは全く植物などに興味はないのですが、移設した手前、水やりをはじめ、自前で買ってきた活力剤の注入など、自分でも意外な程まめに手入れと声かけ(「植物にはこれが大事」と妻の談)をしていました。そうすると、面白いもので一時は枯れてしまうと思われた植物も、いつのまにか新葉を出して元気になったのです。

Img_20160219_1301561 と、先週突然葉の先端から二本の蕾の枝のようなものが出現しているではないですか。あれよあれよと見るうちに、立派な花弁が房状に実り、これは「花が咲くのかなあ」と思っていましたら、見事に咲きました。
 しかも、この花は夕方から夜に咲き、朝には閉じるのです。いやあ、驚きました。同僚や植物に詳しい妻も見たことがないというではありませんか。
 どうぞ、貴重な写真をご覧ください。集合した白い花弁がなかなか可愛いものです。
 残念ながら花弁が夜毎に開閉するなどとは思ってもいなかったので、花の見頃を少し過ぎたのかもしれません。

 Img_11381_2


Img_11361_2


それにしても、いかにも熱帯原産らしく、花の匂いが強烈です。現在、部屋の中でマスクをして執務を取っているのですが、それでも耐えられません。
 とはいっても、せっかくの植物の頑張りを切ってしまうのは可哀想です。ネットの調べでは開花期間はそう長くないらしい。

 この開花が、子孫を残すための最後の時を迎えたのではなく、今後も成長を続けていくための吉兆であることを祈念して、もう少し我慢をしましょう。・・・キツイなあ。

2016年1月 1日 (金)

俺たちの007

 あけましておめでとうございます。

 さて、正月の映画と言えば、懐かしく思い出されるのが、やっぱり、007です。何故か、親父と一緒に見に行った記憶が鮮明に蘇ります。
 残念ながら、今年はクレイグ・ボンドの新作が公開されているのですが、もう既に暮れに観てしまっておりますし、正月にわざわざ劇場に足を運ぼうという映画がありません。不作です。もうしようがないので、家で寝正月です(笑)。

007 ところで、本日、007映画を話題にしたのは、丁度先ほど、アマゾンで注文していました雑誌「俺たちの007」が元旦に配達されたのです。郵便屋さんはご苦労さんです。
 もっとも、昨今は、スーパーも元旦から営業ですので、どんどん季節感、節目感がなくなっており、どうということはないのですが、この007の特集雑誌の内容が、シリーズ全体を、ボンドガールや愛すべき悪役を中心に、コンパクトに上手くまとめてありまして、好感が持てたのです。表紙がシューン・コネリーというのもいいでしょ。未見の方は、是非ご覧ください。

 ということで、久しぶりに、シューン・コネリー主演の映画をDVDで見てみましょう。

 では、今年もよろしくお願いします。

2015年7月20日 (月)

ブルーレイ・プレーヤー

 ご愛用のDVDプレーヤーが壊れました。何の前触れもなく、突然、機能を停止したのです。もう何代目でしょう、やっぱり、超お買得の機種はいずれも寿命が短いなあ。 

 ここは、意を決して、ブルーレイの購入を決心し、録画機能付きレコーダーの機種選定の検討を進めていましたが、なにしろ、寝室でDVDが視聴できないのは、誠に不便です。
 もっとも、何を観たいというのではなく、気の向いたときや時間が空いた僅かな隙間に、いつでも、コレクションしてる映画のDVDのさわりだけを一寸見るという環境が失われたことは、思った以上に退屈で過酷でした。
 加えて、最近、メイキングは、ほとんどブルーレイ仕様が多くなっており、例えば「フューリー」、「るろうに剣心 伝説の最後編」、「ゴジラ2014」などの付録をじっくり観たいという欲望も抑えることができません。

71xfh4zftnl__sl1500_ ということで、配線の面妖なレコーダーは、とりあえず断念し、お手軽なプレーヤーにすることとし、お決まりの「アマゾン」で、最も人気のある機種を注文しました。
 結局、お安い機種になりましたが、一応、老舗のパイオニアですから大丈夫でしょう。ちなみに、左の商品写真が購入した機種です。

 その結果、早くブルーレイにすればよかったと反省です。既存のDVDもなかなか映像がきれいに見えます。
 これは、多分に、テレビとの接続にHDMという同軸ケーブルに交換したことも影響があると思いますが、予想以上に快適です。
 この連休は、久しぶりに、本格的な家庭内映画鑑賞の時間を取ることができました。

 最後の難関は、不要となったDVD機器は、家庭用の不燃物で捨てることができるのでしょうか?それとも、電気製品のリサイクルにする必要があるのかな?どうも、最近のごみの捨て方がよくわかりません(笑)。

2014年12月17日 (水)

モンパ

 皆さんは、モンパというエビを知っていますでしょうか。正式な名称は、セミエビといいますが、私たちの地域ではモンパエビと呼んでいます。イセエビ100匹にモンパ1匹が獲れるといわれる程の幻のエビです。あのタビエビよりもさらに貴重で高級な食材です。
 以前、ある小料理屋で「モンパあります。」のメニューに、その値札に恐れをなして注文しなかった苦い経験がありました。そのあと、随分後悔したものです(笑)。

Img_01491_2 さて、ラッキーなことに、この憧れのエビを、親しくさせていただいている先輩方との忘年会で堪能することができたのです。
 いやあ、エビの大きさもさることながら、その刺身の美味なること、比類がありません。以前食した大きなイセエビを上回りますし、いままで食べたことのない甲殻類の歯ごたえには驚きました。もう言葉がありません。

 まずは、その背中をご覧ください。

 Img_01481
 次が、腹部側です。

見事な活け造りでした。

多分、モンパの中でも、そのサイズからして、一級品でしょう。

そして、刺身の後に食べた、モンパエビの澄まし汁も絶品です。Img_01651

Img_01471 思えば、このお店は、新鮮な食材と大将の料理のうまさに定評があるです。なにしろ、この店の生ダコのから揚げを目当てに予約していました。このタコのから揚げも、見事なものなのでご紹介します。一見から揚げに見えないのですが、正真正銘のから揚げで、味が写真に写らないのが誠に残念です。

 いやあ、本当に楽しい一晩でした。 

2014年11月22日 (土)

模型作り事始め

 私はいつごろ、模型作りを始めたのであろうかと、最近、身の周りに雑多に積まれた様々な模型を眺めてつくづく思います。
 パソコンのフォトアルバムを見ると、2005年の3月に最初の塗装した模型の写真が残っていました。思えば、その頃までは、映画関係の完成品模型を買ったことはあるものの、自分で模型キットを組み立て、塗装して完成させることなど露ほども思ってもいませんでした。
 なにしろ、子供の頃、プラモモデルを一度も真面に完成させたことがなかったのです。当時は、まだ瞬間接着剤がなく、セメダインではなかなか部品が接合できませんでした(笑)。根気のない私は辛抱堪らず、海底二万哩のノーチラス号(確かゴム動力)も、モーター仕込みの歩くゴジラ(今やお宝)も、外国製の魚の解剖模型(背骨を折った)も、全部失敗。苦い思い出です。

Img_01411 そんな私が、塗装にチャレンジしようと思ったのは、大先輩からいただいた一台の戦車模型、タイガー初期型です。いわゆる情景模型の要素も強く、例えば、第二次世界大戦のヨーロッパのある朝の情景とか、具体的な日時と場所を特定した設定だそうです。戦車模型の醍醐味は、実はこういう歴史的な考証だそうです。
 それにしても、いただいた完成模型は、銃弾の跡などもリアルなのですが、なにより驚いたのはキャタピラです。昔のプラモデルは、一枚のゴム製キャタピラでしたが、いまや、キャタピラの板(?)を一枚一枚ピン止めしており、いかにも駆動原理と自重とをリアルに再現するのが腕なのだそうです。Img_01422
 いやあ素晴らしい。こういう模型を自分も作ってみたいと思ったことをいまでもはっきり記憶しています。
 一方で、市販ではキットしかなくて、完成品は自ら作るしかない商品もありました。もちろん、お馴染みの半魚人(笑)です。その当時既に発売から相当年月が経過しているものの、ビリケン、ツクダのソフビキットの完成度は、今見ても最高水準でした。

 そして、とうとう自ら模型作りを始めたのですが、どうも、塗装がなかなか上手くいきません。最初に塗装した半魚人やサイクロップスの出来は惨憺たるものです。恥ずかしさのあまり門外不出となった写真を見ても、もうそれはひどい出来です。緑のペンキを塗りたくった状態です。
 なにしろ、塗装技術の基本を全く知らなかったのです。上に塗ると下の塗装が溶けるというラッカー、エナメルの塗装の区別も理解していませんでした。第一、下塗りの塗料が必要ということすら知りませんでしたなあ。
 いやあ、女房と娘に笑われましたねえ(笑)。

 その当時は、まだ、模型雑誌の種類もそれほど出版されていませんでした。インターネットで独学しましたが、それが、いまや、女性のイラスト付きの模型雑誌が増えていますから驚きです。「女もすなる・・・」なんとかです。 

 そして、10年経ってみれば、下手の横好きのなんとやらで、冒頭にお話したような状態に立ち至っています。しかも、押し入れなどには、まだ手つかずのキットもいくつか残っているのです。・・・いやあ、さすがにもうスペースがなくなりました。
 思えば、始めた頃は、寛容だった女房も、いまや、所狭しと置かれ、毎日の掃除や行き来の邪魔になる模型群に厳しい目を向けています。

 ということで、いまは、「これから、どうなるのだろう。」と、岡本喜八の映画「戦国野郎」の中谷一郎扮する忍者銅子播麿の迷セリフを思い浮かべています(笑)。

 

その他のカテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31