無料ブログはココログ

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月23日 (日)

エイリアン・グッズ

 1979年公開のSF映画「エイリアン」はそれまでのSFのビジュアルを一新した革新的な作品でした。本来異邦人の意味の”エイリアン”を宇宙人に換えてしまったほど有名になったH・R・ギーガーによる宇宙生物も含めて、当時まだ駆け出しだったリドリー・スコット監督が凝りに凝って造り上げた”エイリアン”世界は、それまでのキラキラ輝く宇宙船のイメージをすっかり変えました。

 石油精製タンクを持つゴシック調の古城が宇宙に浮かんでいるような宇宙船”ノストロモ号”、資源採掘のための乗組員が長期間生活しているという設定の実に生活感あふれる船内などは、それまで全く見たこともなかった映像でした。
 しかも、ストーリーも人類と宇宙生物との遭遇という単純な筋立てなのですが、男勝りで生意気な女乗組員リプリーの大逆転的なヒロインぶり、生殖機能を持たないアンドロイドの狂気、今も昔も変わらない大企業の非情さなど、様々なエピソードやセリフを深読みすればするほど面白いという傑作なのです。

 そういうわけで、続編としては奇跡的な傑作「エイリアン2」のほか、3.4.5と次々と製作され、プレデターとの共演も成しながら、さらに前日譚が2作公開されています。しかも、まだまだその人気は収まらないようで、来年公開の新作が撮影中とか、早く観たいものです。とはいっても、ジェームス・キャメロン監督の「エイリアン2」以外は、どうもイマイチな出来上がりでしたので、どうなることやら期待半分というところです。

20230423_113936 20230423_114210 20230423_114113 20230423_114051  もちろん、この人気にあやかったエイリアン・グッズは、これまでこのブログでも何度か紹介したように、多数の商品が販売されています。その中で、今回紹介したい商品は、エイリアンの異形の宇宙船を探検するときに使用した”宇宙服”です。この宇宙服のデザインがなんともレトロで昔の潜水服のような仕様なのです。そういえばディズニーの「海底2万哩」の潜水服に似ているのかな?
 ちなみに、この宇宙服フィギュアは様々なメーカーから発売されていますが、お手頃価格なNECA製品です。オークションを眺めていたら、フェイスハガーに襲われた副長ケインのフィギュアの箱なしのジャンク品が販売されていたのですが、18cm程度のサイズの割に交換用のケインの顔が実に似ていたので、衝動買いをしてしまいました。こうなると、やっぱり、船長のダラス、乗組員のランバートが欲しくなりますよねえ。・・・で、結局3人組を揃えました(笑)。

20230423_114639 20230423_115012  実はこの商品は、私の苦手な関節が可動するアクション・フィギュアなのですが、現物は関節部があまり目立たないうえ、布地に見えるような硬質プラスティックの造型が上手くて感心しています。正直、これは拾いものでした。
 もっとも、格安の中古品だけに、経年劣化で溶けだしている塗料の除去やつや消しスプレーによる防護処理など少し手間がかかりましたが、まあ、修復はうまく出来ました。自画自賛です(笑)。
 オマケに、3人が探検するエイリアンの宇宙船模型やケインの顔にフェイスハガーが張り付いた交換用頭部もご覧ください。

2023年4月11日 (火)

ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り

 前宣伝もなく唐突に封切りされたような印象のファンタジー映画「ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り」をナイトショーで観て来ました。聞くところによると、原作は欧米では有名なボードゲームらしいのですが、日本ではあまり知られていないせいか、私の住む地方では日本語版しか公開されていません。私からすると”普通は字幕版が優先だろう”と思うのですが、これは悲しいことに興行サイドが結局は”子どもだまし”(観客層が低学年という意味)作品として切り捨てている証左なのでしょうね。子供向けファンタジー映画とはいえ、もっときちんと力を入れて真っ当に営業してほしいものです。なにしろ、劇場パンフレットさえも制作販売していないことに怒り心頭なのだ(笑)。

Img_20230411_0001  さて、肝心なこの作品の感想ですが、SFファンタジ―映画ファンの私には拾いものでした。少なくても、低予算で安手のCGを使った片手間作品ではありません。結構、異世界の登場人物や風景などは奇想とリアルさがうまくミックスされ、B級テイストには満ちてはいますが、なかなか丁寧に作られた作品で、実に好感が持てました。一言で言うと”異世界ファンタジー・コメディ”映画なのです。

 とにかく、徹頭徹尾ギャグと遊び心にあふれた脚本が、とぼけたアウトローたちの出たとこ勝負の行動を面白おかしく一層加速させます。主演のクリス・パインは「ワンダー・ウーマン」でも見せた軽いコメディ演技がよく似合っています。墓地の死人への5つの質問や肥満ドラゴンとの追いかけっこの馬鹿馬鹿しさには、途中で思わず笑い声をあげてました。正直、私は鑑賞中に声を出すことなどほとんどないのですが、映画が終わって振り返ってみると、実はどんなシーンでツボにハマって吹き出したのか、記憶にないのです(笑)。・・・多分、面白い筈です・・・年齢のせいではないと思います・・・多分。

 一方で、それは”後に何も残らない作品”ということにもなるのですが、なんか心が少し軽くなった気がしますから、日頃のストレス解消に効果があったようです。大げさに言えば、この映画は映画の持つ”日常を忘れさせる”という重要な役目を果たしたのです。観た甲斐があった良い映画なのだ(笑)。とにかく私は気にいりました。

 実際、楽しい作品でした。今流行の”ポリコレ”も許容の範囲ですし、出演俳優も観たことのある人たちばかりです。ミッシェル・ロドリゲスは、もうあんな女戦士役ばかりですねえ。頼りない黒人青年役も今旬の人なのでしょう。ただ、あの二枚目のヒュー・グラントが老けているのには時の流れの悲しさを感じました。あと時代の流れからいえば、残念と思うのは日本人(私)好みの美女が登場しなかったことです。
 それにしても、年少者に制約のあるナイトショーでは、私を含めてたった2人の観客(おじさん)しかいませんでした。残念です。年寄りにこそ、童心に帰って、こうしたお気楽な作品をご覧いただき、健康のために声を出して笑ってほしいものです。・・もし、笑えなかったらごめんなさい。

2023年4月 9日 (日)

2001年宇宙の旅グッズ その3

 SF映画の名作「2001年宇宙の旅」の人気は根強いものがあります。この映画に登場するディカバリー号などの宇宙船はこれまで何度もプラモデルや完成フィギュアが発売されています。以前このブログ(2020.6.30、2019.5.6参照)でご紹介したとおり、この映画の大ファンの私はディスカバリー号(精子型の宇宙船)のプラモデルを作って飾っています。

 そして、先日、この2001年宇宙の旅の関連グッズとして、映画冒頭で謎の黒い”モノリス”に触って進化する”ヒトザル”のフィギュアというよりはトイ(おもちゃ)に近い商品が発売されました。そして、そのオマケとして30cmサイズのモノリスがセットになっていたのです。
 モノリスといえばこの映画の象徴でありアイコンであります。この映画のファンとしては是が非でも購入しなければなりません(笑)。

 ところが、購入した商品は、結構な価格の割になんともチープな造りでした。しかも、モノリスの黒い表面には、白いひっかき傷が付いていますし、側面の板の張り合わせの溝の隙間が結構目立ちます。まあ、トイなのですからあまり精度を追求しても詮無いのですが、正直、がっかり商品でした。

20230409_1135411  そのため、商品のブラッシュアップとして、傷や溝を黒パテで埋めて、電動サンダーとサンドぺーパーで磨き、ブラックサーフェイサーで塗り直しました。それが左の写真です。まあ、なんとか一見した程度ではごまかせる状態になりました(多分)。

 ちなみに、完成写真を映画愛好家の友人に見せたところ、友人曰く「宇宙船の模型ならわかるが、モノリスとは!!」と笑われてしまいました。モノリスはこの映画のアイコンなのに・・・う~ん、解せん(笑)。

 20230409_121324
20230409_120804 最後に、オマケとして、モノリスとセット販売の”ヒトザル”の商品と何故かついでに買った”宇宙服”の商品をご紹介します。うん、実にチープなのだ(笑)
 考えてみれば、もともと私の映画関係グッズのコレクションの対象は、スタチュー(置物)であり、関節が動くアクション・フィギュア類(トイ)は買わなかった筈なのに、どうしたことなのか、”モノリス”により進化したのかな?困ったものです(笑)。

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31