無料ブログはココログ

« プチッと鍋 | トップページ | 社長たちの映画史 »

2023年1月24日 (火)

千円ガチャ

 今、ガチャ、ガチャガチャ、ガシャポン(バンダイの呼称)と呼ばれるカプセルトイがブームらしい。Youtubeでも、TV番組でも特集が組まれていました。第一、設置場所もかつてのスーパーやゲーセンなどの隅っこではなく、徐々にその売り場面積を拡大し、今やカプセルトイ専門店までできています。そして、肝心なのは、技術の進歩のせいでしょうか、商品の品質が格段に向上しています。しかも、商品の企画、アイディアのセンスの良さには本当に驚かされます。東京都内の地下鉄路線図模型には絶句です。発想が凄い!!

 個人的には、もう何年前になるのでしょうか、幼い娘にせがまれたポケモンフィギュア獲得のため、何回もガチャポン(私の呼称)のハンドルを回していた頃、1回100円だった金額を200円にアップした”HGウルトラマン”という怪獣フィギュアがバンダイから発売されました。この商品は、いままでにはない実にリアルな(その当時の感覚)の画期的な商品でした。丁度食玩ブームの過中であり、すっかりハマってしまい、コンプリートに励んでいました。この辺りからコレクターの道を歩み始めたような気がします。

 そんな懐かしい思い出があるのですが、いまやカプセルトイは300円以上が基本、そして、500円の商品が発売され、そしてついに1回千円のガシャポンです。この商品は、バンダイが力を入れている”いきもの大図鑑”というシリーズの”カニ”の第3弾です。既に発売されていた第1弾から第2弾は1回500円でしたので、価格的には倍です。
  この商品は、3D技術を生かして、本物の生き物をスキャンして造型するのが売りであり、そのリアルさは芸術級です。しかも、関節が動くようになっています。継ぎ目は球体関節ですが、実に自然に見えるように工夫されており、その造型技術に圧倒されます。
 ちなみに、このシリーズのお勧めは、やっぱり関節の区切りが明確な昆虫類や甲殻類ですねえ。トカゲ類は隙間が気になります(笑)。

20230124_004618  で、新発売の千円ガチャ(いきもの大図鑑:カニ)を近くのカプセルトイ専門店で見つけたのです。図鑑好きの私としては、思わずハンドルを回しました。神の御業でしょうか丁度財布に5百円硬貨が2枚入っていたのです。目指すは、4種のうちの沖縄に棲むクマドリオウギガニです。身近なアカテガニは要りません。しかし、予想どおりというか、出たのはやっぱりアカテガニでした。まあ、こんなモノでしょう。

 結局、その場でもう1回ハンドルを回すことはありませんでした。1回千円で再びアカテガニが出現しそうな嫌な予感がしたのです。チョコエッグで何度も痛い目に合っていますし、これは多分に私の貧乏性のなせる業でしょうか、千円のダブリ(不用品)は痛いのです。あの”クマドリカニ”は酸っぱいのです(笑)。

 

20230124_004836 20230124_005325 20230124_005453  その後、コレクターの本能に耐え切れず、クマドリオウギガニをはじめ、残りのソデカラッパ、アミメノコギリガザミをオークションや通販で購入しました。もちろん割高ですが、なんとか全4種コンプリ―トを達成しました。
 それなら、ガチャマシンのハンドルを回しても良いのですが、どうもアカテガニばかり4匹という悪夢への恐怖がぬぐい切れず、・・・これでヨイのだ(笑)。結論から言えば、千円ガチャの”いきもの大図鑑”は図鑑好きには悪魔の囁きなのです。まあ、カブトムシなどの昆虫類は原則興味の対象外ですので助かっています。しかし、これからどんな優れものが登場するのか、楽しみと同時に不安がいっぱいなバンダイのシリーズとなっています。

  

 

« プチッと鍋 | トップページ | 社長たちの映画史 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プチッと鍋 | トップページ | 社長たちの映画史 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31