無料ブログはココログ

« ソー/ラブ&サンダー | トップページ | 峠 最後のサムライ »

2022年7月18日 (月)

フェバリット クロメジナ(特大)

 先般、フェバリットの釣り魚シリーズ模型もほぼコンプリートしたとこのブログに記載(2022.6.16)したばかりだったのですが、なんということでしょう、突然キングサイズの幻の一品、クロメジナ=オナガグレ(特大)が不用品販売サイトに出品されました。発売当初の定価よりもかなりプレミアがついていたのですが、ひっとしたらもう二度と手に入る機会はないかもしれないと判断し、清水の舞台から飛び降りる(今までも何度も落ちましたが・・)気持ちで即購入しました。

20220713_160135120220713_1602421 20220713_1603071  では、届きました商品をご覧ください。フェバリット史上最大の大きさと言うだけあって、とにかく予想以上にでかいのです。以前購入した同シリーズ”年無しクロダイ”(2022.1.10ブログ参照)より、厚みがあって、一回り大きく感じるのは、あながち錯覚でもなさそうです。

 ところが、輸送用の段ボール箱が本体に比べてぴったり過ぎたのか、到着した商品の尾びれの上端が段ボールの壁面に突き刺さる形で欠けています。もともとなのか、あるいは輸送中の事故なのか、分かりませんが、なんとも残念な結果でした。
20220716_1127251  とはいうものの、こうした事態も予め覚悟の上です。さっそく透明レジンを使って補修作業です。幸いなことに、実際にはあまりわからないような小さな欠損です。そのため、いつもの定型的な修復工程と思っていたら、口から尾の先までが60cm超もあるので、作業台に一杯いっぱいなので、作業がしづらいことこの上もありません。本体を抱えてレジンの注入とライトの照射の作業、色塗りはミッドナイトブルーにブラックを重ね塗りして色目を合わせます。まあ、なんとか一見ではわからない程度には補修できましたが、改めて全てが”でっかいことは良いことだ”とは決して思えないことを痛感しました。まさに、手に余りました(笑)。

 修復の終わった模型は、我が家には一時預かりにするスペースもないため、早速、某所へ搬入して贈呈です。このへんのことは以前お話した通りです。幸い、届け先では”太っていておいしそう”との声も出るなど、飾ってもらえるスペースもありました。なにより輸送途中で破損することなく無事に贈呈することができてほっとしました。

20220714_095744120220714_115032120220714_1514111  最後に、修復作業の備忘録として、その過程を写真で残しておきます。ちなみに、手順は「クロダイ」とほぼ同じでした。以上です。20220718_1202081

« ソー/ラブ&サンダー | トップページ | 峠 最後のサムライ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソー/ラブ&サンダー | トップページ | 峠 最後のサムライ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30