無料ブログはココログ

« フェバリット ブラックバスの補修録 | トップページ | 凶人ドラキュラ ブルーレイ版 »

2022年6月28日 (火)

恐竜グワンジ

 モデルアニメ―ションの神様レイ・ハリーハウゼンの作品「恐竜グワンジ」をご存知でしょうか? ストーリーは、メキシコの秘境で生きていた恐竜を捕獲したものの、連れ帰った町でオリを壊して暴れ出すという典型的な”ロスト・ワールド”物なのです。なんか古臭いなと思えるのは、ハリーハウゼンの師匠である「キングコング」を作ったオブライエンの原案をもとにしているせいかな? 加えて、演出が平坦でスリルもワクワク感もないなんとも盛り上がらない映画でした。
 まあ、見せ場は、ハリーハウゼン師の名人技の恐竜同士の戦い、カーボーイの投げ縄での恐竜捕獲シーン、恐竜とゾウとの戦いなのですが、それが、どうも、過去の彼の作品の名シーンの二番煎じのような有様なのです。つまり、ハリーハウゼン作品の肝である”驚き”が無いのですねえ。これはやはり致命的ですねえ。残念です。

 ただ、主人公(?)である”恐竜グワンジ”が、映画製作当時の学説に基づいた、爬虫類の鱗で体表が覆われた、尾を垂らした垂直型のアロサウルスという、昭和の子どもたちにはお馴染みの”いかにも恐竜”というデザインなのです。この勇姿は、高く評価したい。当時としては、実にリアルな映像だったのです。

 でも、こうした恐竜像は、スピルバーグが当時の最新の学説に基づき、試行的なCG技術で作り上げた「ジュラシック・パーク」で吹き飛んでしまいました。そして、どうやら、近日公開の「ジュラシック・ワールド」の最新作では、ついに羽毛のある恐竜が登場するようです。羽毛のある恐竜は、古生物学会ではもう随分前から学説に基づく復元図が出回っているのですが、ヒクイドリのような、なんとも恰好悪いその姿は、ハリウッド大作には興行的に不向きだと敬遠されていたような気(あくまで個人的意見)がするのです。
 その羽毛恐竜が「ジュラシック・ワールド」で解禁されるということは、デザイン上の新工夫以上に、単純に言えば、羽毛恐竜にアレルギーのない若い世代が増えたのだということなのでしょう。オールド恐竜ファンには、さびしい限りです。

20220607_0849011 20220607_0847581  今回、このクラシックな姿のグワンジを取りあげたのは、最近エクスプラスから30cmクラスのフィギュアが発売されたからです。例のレイ・ハリーハウゼン100周年記念シリーズの商品です。出来は、あいわらず映画とはどこか微妙に違うようにも思えるのですが、これまでDVDボックスのオマケで提供された15cmサイズの小さなフィギュアがあるぐらいなので、ハリーハウゼンファンとしてはうれしい限りです。
 でも、このエクスプラス社のシリーズいつまで続くのかな?もうそろそろ終わりにしてもらわないと、現時点での販売予定分だけ考えても、我が家には置き場所がありません。困っています(笑)。でも、せっかくですので、写真をご覧ください。しかし、やっぱり恐竜というのは、昭和少年だったオジサンたちには、この立姿です。

« フェバリット ブラックバスの補修録 | トップページ | 凶人ドラキュラ ブルーレイ版 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェバリット ブラックバスの補修録 | トップページ | 凶人ドラキュラ ブルーレイ版 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30