無料ブログはココログ

« とんでもない甲虫 | トップページ | アルキメデスの大戦 »

2019年8月29日 (木)

エアコンの静止する日

 今年のお盆休みに、ロバート・ワイズ監督の名作SF映画のタイトル風に言えば、”エアコン(地球)の静止する日”が訪れました。突然、最も暑くなる昼過ぎにエアコンの冷風が温風に変わったのです。たまらずスイッチを切り、室外機に冷水をかけるなど応急措置を施したのですが、全く効果はありません。
 丁度台風の接近もあったので、自然治癒に一縷の望みをかけて修理について少し様子を見ていたのですが、期待に反してエアコンは温風機のままで全く変化はありません。台風通過時は気温は下がりますので、なんとか扇風機だけでしのげたのですが、やっぱり夜間が暑くて熟睡できないのです。

 これは困ったものだと台風一過、早速電気店に出向いてエアコンを新規購入したのですが、なんと設置工事が早くても5日後になるとのことです。どうやら猛暑の影響で私の地域で1日75件ぐらいの工事があるそうです。とりあえず6日後の在宅日に工事を依頼したのですが、それからが地獄の日々でした。

 エアコンという文明の利器になれた体は、もう今の温暖化による異常な気温に耐えられないのです。昔は夏でももっと気温も低く過ごしやすかったですよねえ。昼間は窓を全開にすればまだ我慢できますが、夜がもう焦熱地獄です。熱気が顔や体に粘りつくような空気にはなんとも堪えがたいものがあります。扇風機ではなまあたたかい風という程度で焼け石に水ですねえ。

61jvtbwuysl_sl1500_  そこで、昔ながらの冷風扇なるものを使ったらどうかという妻のアイディアで電気店を探したものの、とっくに売り切れでした。あわてて大型通販サイトで探すと、1万円クラスの商品が残り1台という状況です。速攻で注文です(笑)。翌日に商品が到着するのでこんな場合は非常に便利です。しかし、その1晩の暑さの過酷だったこと本当に骨身にしみました。

 さて、その冷風扇ですが、原理は簡単です。水を入れたタンクで濡らしたロールを巻き上げて、それに風を当てて送るだけという、いたってシンプルな構造です。水に氷や蓄冷材を入れておけば短時間ですがより効果があります。
 実際に使ってみると、その効果は予想以上にあると文字通り肌で感じました。もっとも直接風が当たる部分だけですが、それでも地獄に仏というぐらいの効果はありましたねえ。

 結局、エアコンが設置できたのが、故障した日からいうとなんと9日後になってしまいました。いやあ、毎日、冷茶を飲んで、冷風扇を抱え込んでよく頑張りました。この思いを忘れないためのブログです(笑)。

 そして、エアコンが設置、稼働した日の感動は忘れられません。こんなに涼しかったのか、と改めて心底思いましたねえ。いやあ、あって当然のものが無くなった時は、そのありがたみがよくわかります。皆さん、エアコンに感謝しましょう。

 あれ、そういや、冷風扇はどこ行ったのかな?多分、冷房嫌いの女房が持って行ったのでしょう。ピンチヒッター、ご苦労様でした。以上です。

 余談ですが、前述の「地球の制止する日」をリメイクした「地球が静止する日」は駄作です。お間違えないようにお願いします。

 

« とんでもない甲虫 | トップページ | アルキメデスの大戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とんでもない甲虫 | トップページ | アルキメデスの大戦 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31