無料ブログはココログ

« 散り椿 | トップページ | 図鑑の世界(ユリイカ10月号) »

2018年10月31日 (水)

ルイスと不思議の時計

  映画「ルイスと不思議の時計」は想像どおりの子供向けのおとぎ話でした。両親を亡くした子役を主人公に、その叔父の魔法使いをジャック・ブラック、隣家の魔女にケイト・ブランシェットが扮しています。この二人の配役に期待しましたが、特に目新しい感動はありませんでした(笑)。
 本来ならわくわくするはずの魔法屋敷も、転校生がいじめられる学校生活も、世界を滅ぼす悪の魔法使いも、何処をとっても、どこかで観たことのある、いまや手垢のついたような映像や筋立てです。
 結局、幼い子供が安心して楽しめる趣向なのでしょう。
 当然ながら、昔の子供にはまったく面白くもおかしくもありません。どうりで上映されるのが吹き替え版なわけでした。
 以上です。こんなに短い感想も久しぶりでした。サヨナラ、サヨナラ(笑)。

« 散り椿 | トップページ | 図鑑の世界(ユリイカ10月号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/74510634

この記事へのトラックバック一覧です: ルイスと不思議の時計:

« 散り椿 | トップページ | 図鑑の世界(ユリイカ10月号) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30