無料ブログはココログ

« アントマン&ワスプ | トップページ | メグ/ザ・モンスター »

2018年9月14日 (金)

シェーン(ブルーレイ版)

 西部劇の名作「シェーン」がやっとブルーレイ化されました。これまで、この名作が鮮明とはいいがたい画質の廉価版DVDでしか見ることができず、一時は、海外版を取り寄せようかともおもっていたのですから、ありがたいことです。
_0002_new  アメコミ映画「ローガン」の劇中でのテレビ放映シーンが我が国での発売のきっかけでしょうかねえ?まあ、そんなこともないでしょうが、もっと古典をブルーレイで発売してほしいものです。
 ちなみに、古典とは「古い書物、形式。また、長く時代を超えて規範とするもの」とされておりますが、まさに「シェーン」は西部劇映画の古典と言っていいでしょう。
 何度見ても、”いい”のです。時代を超えた良さがありますし、牧場主と入植者の対立、黒づくめのガンマン、伝説となった早撃ちのガンプレイなど西部劇の様々なスタイルを確立しています。
  クリント・イーストウッド主演・監督の「ペイルライダー」は、この名作を下敷きにした傑作であり、未亡人と娘に換えたところが現代版なのでしょう。また、今回、あの斧の柄のアクションがリスペクトだったことがよくわかりました。かように、単純な話なのに、細かなところでいろいろ発見もあります。
 まさしく、名作の所以です。しかも画質が良いので新鮮な気持ちで楽しめました。真四角の様なスタンダード画面も懐かしい。ただ、惜しむらくは、夜間シーンの明暗がはっきりしません。これは北米版ブルーレイだと違うのかな?
 ともあれ、久しぶりに王道の映画で、堂々たる物語、そして俳優のまともな演技を堪能しました。
 最近、レンタルDVDで、ろくでもない邦画(目線がめちゃくちゃな撮影スタイル、学芸会レベルの演技、・・・よく投資が集まったもの・・と笑う、しかありません。)を見たせいか、一層、”古典”の良さを感じました。
 メーカーさんには、今後とも、名作、傑作をどんどんブルーレイで発売してほしいものです。もちろん、画質の入念なレストアをお願いします。

« アントマン&ワスプ | トップページ | メグ/ザ・モンスター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/74207281

この記事へのトラックバック一覧です: シェーン(ブルーレイ版):

« アントマン&ワスプ | トップページ | メグ/ザ・モンスター »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30