無料ブログはココログ

« 2001年宇宙の旅(ブルーレイ版) | トップページ | ハン・ソロ »

2018年6月28日 (木)

空想映画地図

 欧米には面白いことを考える人がいます。「空想映画地図」という書籍が翻訳・販売されています。以前「映画の間取り」という本に感心したことがありますが、この本は、家屋ではなく映画の舞台となった場所を地図にして、ガイドしようという内容です。しかも、実際の名所にとどまらず、SF映画などの空想の場所まで網羅しているのですから、大変興味深いものです。
Photo  本書に選ばれた35作品は、ほとんど私の好みと一致しているのですから、好感が持てます(笑)。
 サイレントの「メトロポリス」から元祖「キングコング」をはじめ、「エイリアン」、「ターミネーター2」、「スターウォーズ」3作品、「ロード・オブ・ザ・リング3部作」などのSF/ファンタジー映画、またアクションものでは「インディ・ジョーンズ」3作品、さらに「ジョーズ」や西部劇「続夕陽のガンマン」、スリラー物では「羊たちの沈黙」、最近の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」まであります。
 内容は、一作品ごとに映画の舞台となった土地(場所)をルート順に描いたイラストの地図を示すとともに、映画の解説を付けています。
 しかも、このイラストの地図以上に、解説の文章がなかなかユニークで、映画と言う建築物をデザインや構造から分析した様な細かな視点が実に新鮮です。
 例えば、「ジョーズ」の肝は、コントラスト(対比)と喝破します。都会出の保安官、上流階級の海洋学者、労働階級の漁師の3者の対比から、冒頭カニを食べていた女性(気が付かなかった!!)がジョーズに食われて浜で蟹に食われているとか、なかなかユニークです。
 こんな調子で、それぞれの作品を分解、独自の虚構の”目的地(地図)”を造り上げています。結構、楽しめますゾ。
 ただ、どうにも腑に落ちなかかったのが、「プリンセス・ブライド・ストーリー」を前述の作品群と横並びで掲載していることです。
 この映画はそんなに傑作ですか?実は、以前、DVDまで購入して観たのですが、祖父(ピーター・フォーク)が孫に読み聞かせるお伽噺という体裁をとっており、現代と中世を行き来する展開やあまりにリアリティのないセットなどに馴染めず匙を投げたか経験がありました。
 今回、本書の解説を読んでも不可解でしたので、再度DVDで見直しましたが、やっぱりよくわかりません。どなたか、この作品の持つ価値を是非、お教えください。
 いずれにしても、なかなか面白かった本でした。未見の方は、是非、一度手に取ってください。 

« 2001年宇宙の旅(ブルーレイ版) | トップページ | ハン・ソロ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/73763504

この記事へのトラックバック一覧です: 空想映画地図:

« 2001年宇宙の旅(ブルーレイ版) | トップページ | ハン・ソロ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31