無料ブログはココログ

« ジュマンジ ウェルカム トウ ジャングル | トップページ | タツノオトシゴ図鑑 »

2018年4月22日 (日)

レディー・プレイヤー1

  スティーブン・スピルバーグ監督は凄い!と改めて思います。映画「レディー・プレイヤー1」はともかく驚愕でした。
_new  ストーリーは、貧富の差の激しい近未来、バーチャルリアリティーの「オアシス」というゲームに隠された3つの宝を巡って、主人公とその仲間が悪徳大企業の手先達とアバターとなって争うという内容です。
 
 今や、こうした類のお話は、アニメなどで新鮮味はないように思えますが、さすがスピルバーグ印は、一味も二味も違います。やっぱり驚かされました。
 なにしろ、「オアシス」に登場するアバターやマシンなどがとんでもありません。ビジネスの世界を知っているなら、版権問題で普通なら考えられないアイコンが無数に、贅沢に、無尽蔵に、あきれるほど登場するのです。
 
 有名どころは、主人公の乗る車が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアン、ヒロインが「AKIRA」の金田バイク、旧「バットマン」の車も登場します。其のレースの邪魔をするのが、「キング・コング」のキングコングです。最近作のコングより、ずっと動きも良くて魅力があります。当然、「ジュラシック・パーク」のティラノサウルスも出ます。
 
 このへんは、まだ理解の範疇ですが、日本人のアバターは、鎧武者です。しかも、その顔は、「七人の侍」の三船敏郎です。パンフレットによるとスピルバーグ監督と仲が良くて、ご家族の了解を得たそうです。
 まず、ジャパン関係が続々と登場します。キティちゃんをはじめ、私の知らないアニメキャラクターが相当出ているようですが、びっくりしたのが、ラストに「機動戦士ガンダム」が実写版で登場しますし、なんとラスボスが「メカゴジラ」なのです。しかも、ゴジラの音楽が流れます。
 そのほか、気が付いたもので、「ロゴコップ」、レイ・ハリーハウゼンの「シンドバット7回目の航海」のサイクロップス、・・言い尽くせません。あっと、旧「宇宙戦争」の円盤が墜落しているのもうれしいなあ。
 また、スタンリー・キューブリックの「シャイニング」の世界にもびっくりです。原作者と関係も大きな仕掛けになっています。
 
 いやはや、凄いとしか言いようがりません。多分、こうしたことは、スピルバーグ監督だからこそ、可能になったものなのでしょう。・・・・やっぱり、凄い。本当にこの言葉しか思いつきません(笑)。
 
 もちろん、こうしたキャラクターの権利関係だけでなく、映像や音楽、演出のテンポ、アクションと笑い、やっぱり、スピルバーグ監督は素晴らしい。
 観る者が魂を銀幕に吸い込まれ、手に汗を握り、足を踏みしめます。これが映画です。これが娯楽です。久しぶりに、センス・オブ・ワンダーを堪能しました。ありがとうございます。
 
 ただ、残念なのは、1回見ただけでは登場キャラクターが多すぎて、よくわかりません。一晩経て既に記憶にないのもあります(笑)。じっくり確認したいなあ。早くブルーレイを発売してほしいものです。あんまり遅いと、上映後素早く販売される米版(日本語字幕付き)を買っちゃうぞ(笑)。

« ジュマンジ ウェルカム トウ ジャングル | トップページ | タツノオトシゴ図鑑 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/73349116

この記事へのトラックバック一覧です: レディー・プレイヤー1:

« ジュマンジ ウェルカム トウ ジャングル | トップページ | タツノオトシゴ図鑑 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31