無料ブログはココログ

« 忍びの国 | トップページ | パワーレンジャー »

2017年7月16日 (日)

銀魂

  少年ジャンプで連載中の大人気漫画の実写化「銀魂」を観て来ました。もともと、幕末の時代に宇宙人がやってきたというSF設定のギャグ&熱血漫画というとんでも内容だけに、その実写化には大きなリスクがあったそうです。
 まあ、そうでしょうねえ、漫画の実写化の例では”ゴキブリ星人”とか”不死身時代劇”とか、商売上手な監督では、みるも無残な結果が待ち受けています。
やっぱり、きちんとしたビジョンが必要ですよねえ。
 
 その点、今回の作品は、原作者の監督へのお墨付きをはじめ、小栗旬などの豪華キャストや見事な衣装などの作りこみによるビジュアルの見事さで、公開前から、結構前評判が高く、期待していました。
_new  なにしろ、私の娘がこの漫画そしてアニメの熱烈なファンでして、なかなか一家言あるのですが、比較的好意的で今回めずらしく、娘と一緒に観劇したのです。女房まで付いてきたのには驚きましたが、場内は何故か女性客が多いのにもびっくりしました。このギャクマンガ原作には女性のファンも多いようですねえ。
 さて、その内容ですが、いきなり、奇想天外なギャグやパロディで笑わせてくれます。原作の設定の妙かもしれませんが、演じる俳優たちの熱演もそれに輪を懸けます。
 いやあ、馬鹿なゴリラを全裸もいとわず演じた、歌舞伎俳優中村勘九郎に、まず座布団一枚。最後の”落ち”も吹き出しました。
 
 そして、銀ちゃんも適役ですが、弟分の菅田将暉はつくづく芸達者ですねえ、うますぎると改めて思いました。
 そして、ロリコンの武市変平太役の佐藤二朗はおいしいところをかっさらいます。
 
 そのほかの役者も頑張っています。・・・何度、声を立てて笑ったことでしょう。ギャク映画だけに、小ネタや大ネタがてんこ盛りで、笑った箇所も忘れてしまいました。漫画「ドラゴンボール」の読み聞かせには、小膝を叩きましたが、このギャグは原作ネタ(娘)だそうです。
 
 もう一人(?)というべきか、特筆すべきはエリザベスです。ペンギンの縫いぐるみの様な宇宙人なのですが、今回の登場シーンでは、客間のソファに座ったエリザベスを見て銀ちゃんが「漫画やアニメと違って、実写だとインパクトがあるねえ。」と言ったり、着ぐるみなので「中身の人は暑くない?」などの楽屋落ちが続き、可笑しさが臨界に達したところでの一言、「Q太朗」と呼んだ瞬間に爆笑してしまいました。いやあ、演出が上手すぎです。
 最後に、この福田雄一という監督は、こんな馬鹿馬鹿しい漫画映画(失礼)に、本気で、マジで、丁寧に取り組んでいます。衣装やセットなど一つをとっても原作の設定とオリジナルの表現に最大の敬意を表しています。
 この姿勢が、出演者たちの本気度を高めているのでしょうねえ。いや?多分、そういう本物の役者をキャスティングしたのでしょう。ほぼ成功でしょう。お見事でした。素晴らしい仕事でした。ご馳走さまでした。 
 

« 忍びの国 | トップページ | パワーレンジャー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/71155619

この記事へのトラックバック一覧です: 銀魂:

« 忍びの国 | トップページ | パワーレンジャー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30