無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月29日 (水)

シン・ゴジラ ブルーレイ発売

 日本アカデミー賞の最優秀作品賞が「シン・ゴジラ」とは、世の中変わったものです。こうした類の映画は、昔から一段低いものと扱われているのが常識でした。まあ、実際には、主演の男優さんが受賞の壇上で漏らした一言が普通の感覚なのでしょうが、ここは素直に快挙と申し上げましょう(笑)。
61nsumyvpll_sl1500_  ということがあって、ブルーレイが発売されました。もちろんメイキングDVD付きの3枚セット版を即購入しました。
 
 2回目を観ても、やっぱり面白いぞ(笑)。長年漠然と願っていた対怪獣戦の攻防がリアルにかつ見事に描かれています。
 官僚たちの早口セリフは、確かにその通りです。言われて気が付きましたが、確かに頭のいい奴は口の回転も速い(笑)ような気がします。
 ちなみに、メイキングは、コンピュータ映像より庵野監督とスタッフの撮影風景がなかなか興味深い。
 
 そして、やっぱりシン・ゴジラの設定が素晴らしい。庵野総監督の想像力には脱帽します。変態するゴジラなど他の誰が思いつくでしょうか。しかも、「品川クン」に「蒲田クン」という愛称まで生まれているようです。
 さらに、全身からハリネズミのような無数の怪光線を発射し、あらゆるものを打ち落とす?など、その生体機能はとんでもありません。しかも、尻尾の先からも光線を発射します。もっとも、最後はゴジラ人間とでもいうような謎の生命体を生み出したのには首をひねるばかりですが(笑)。
 
 巨大な生物という概念よりはむしろ生命が宿った機械というべきエヴァンゲリオンの世界でした。こんな人知を超えた不可思議な世界観をぶち上げて、従来のお子様指向やトクサツ技術も含めた円谷ワールドの呪縛を打ち破ったのがこの映画と言えます。円谷特撮の黄金時代をリアルタイムで知っているがゆえに、その過去にとらわれたゴジラに辟易していた者には、まことに嬉しい限りです。これを待っていたのです(笑)。
 
 というような感慨に浸ったのも、先日の「キングコング 髑髏島の巨神」を観て、そのレビューの評判が良すぎることに驚いたこととラストで登場が予告されたゴジラやラドン、モスラにキングギドラがどんな風に描かれるのか、正直、心配になったのです。
 昭和の時代のストーリーを単にCG化し、世界レベルで平成ゴジラ化した映画など見たくもありません。そうならないことを切に願っています。 
 

2017年3月26日 (日)

キングコング:髑髏島の巨神

 久ぶりのブログです。そして、久しぶりに観た映画が「キングコング:髑髏島の巨神」でした。
 このブログを始めたのが、2005年のピーター・ジャクソン監督のリメイク版に感心したのがきっかけですから、今回も大いに期待していました。
 しかも、ギャレス・エドワード監督のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を製作したレジェンダリー・ピクチャーズ会社です。今後、「ゴジラ対キングコング」という計画もあるらしいようですから、往年の怪獣少年には感涙ものです。
 
_new  しかし、実は、この映画の予告映像などを観て、一抹の不安があったのです。
どうも、モンスターたちのデザインがなんとも気に入りません。まあ、それでも、本編になればと思っていたのですが、その予感が的中です。
 まったく映画に感情移入できないのです。やたら、座席の居心地が悪いのです。
 まず、キングコングがどうみても着ぐるみを着た人間です。毛皮も死んでいるようなCGですし、頭も悪そうで、二本脚で立つにしても恰好が悪すぎです。
 そして、スカル・クローラーlという敵役怪獣の造形も、なんともいただけません。どうみても、二本腕の足無しイモリです。バランスも最悪です。オリジナルの恐竜との違いを出すにしても、這いまわる両生類を出してどうするんだ。まったくセンスがわかりません。
 しかも、物語も最悪です。時代をベトナム戦争時期に持って行ったのは面白いですが、単に「地獄の黙示録」をやりたかっただけじゃないか。加えて、登場人物にもあんまり魅力がありません。ヒロインもどうも今一つで・・。特に、こうした系統の映画に立て続けに登場するサミュエル・L・ジャクソンには、さすがに飽きてきました(笑)。
 ただ、冒頭に一寸登場する日本軍人「碇 軍平」を演じたMIYAVIという俳優さんは海外で活躍するギタリストらしいですねえ、なかなか気になる存在です。覚えておきましょう。
 
 ということで、エンドロールの最後に登場する一連の壁画に期待をこめて待つことにいたしましょう。
_0001_new ちなみに、上記の表紙が特大サイズのパンフレットの一部です。 820円もして大きすぎで全部入りきれません。
 左が、3600円のメイキング本です。デザイン画ばかりの内容です。
 ・・・・いずれも、何故か、今回に限り鑑賞前に買ってしまいました(笑)。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30