無料ブログはココログ

« ハワード・ホークス映画読本 | トップページ | マグニフィセント セブン »

2017年1月26日 (木)

ザ・コンサルタント

 べン・アフレック主演の映画「ザ・コンサルタント」は快作です。
 田舎のしがない会計事務所を隠れ蓑にして犯罪組織のマネーロンダリングを裏稼業とする会計士であり、しかも凄腕の殺し屋という荒唐無稽な物語ですが、その生い立ちは数字に天才的才能を発揮するサヴァン症候群の病歴を持ち、軍人の父親から様々な特殊訓練を受けてきたという設定が秀逸です。
 また、その主人公の生活ぶりが素晴らしい。いかにも病的に几帳面な行動やほとんど何もない程質素な暮らしぶり、そして、貸倉庫に隠してある特注トレーラーがなんとも男心をくすぐります。報酬の名画や軍隊並みの銃器のコレクションは、男の子の夢の秘密基地ですねえ。
 
_new  一方、米国財務省では、複数の犯罪組織にかかわる謎の”会計士”を追って、いわくありげな上司の命令で女捜査官が主人公の使う偽名の特徴を分析しながらその正体に徐々に迫ります。
 こうした敏腕捜査官の追跡に加えて、偶然に闇組織でない一般企業の会計監査を請け負ったとたん、社内の不正を見つけ出した女子職員とともに、凄腕の殺し屋から命を狙われる羽目になります。
 この捜査官と殺し屋の襲撃がスリルを一層高めますが、実は、数々のアクションの見事さよりも、回想を挟みながらの一筋縄でないストーリー展開がなんとも舌を巻くうまさであり、冒頭に仕掛けられた伏線がラストを大いに盛り上げます。
 くれぐれも幼い頃の回想シーンには油断をしてはなりませんゾ。主人公の女パートナーの正体なんぞは誠に驚きますし、漠然と感じていた疑問が一気に解消です。これは謎解きのカタルシスと言っても良いほどです。こんな手で来たのかと感心しました。
 
 私、こういうのが大好きです。私の好みにぴったりです。久々に仕事の悩みもつかの間忘れました(笑)。これが映画ならではの良さです。
 さあ、明日も、元気に頑張ろう。
 

« ハワード・ホークス映画読本 | トップページ | マグニフィセント セブン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/69382597

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・コンサルタント:

« ハワード・ホークス映画読本 | トップページ | マグニフィセント セブン »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31