無料ブログはココログ

« 海賊と呼ばれた男 | トップページ | バイオハザード/ザ・ファイナル »

2016年12月18日 (日)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

 映画「ローグ・ワン」は、記念すべき第1作「スター・ウォーズ(のちに、エピソード4/新たな希望という副題が追加された)」のオープニング・クロールの一節からスピンオフされて作られた作品で、完成真近の帝国の最終兵器デス・スターの設計書を反乱軍が盗み出すことに成功したという逸話を描いたものです。
 
_new  もっとも、そのストーリーたるや、やっぱりというか、スター・ウォーズのお家芸である、血筋と因縁話で形作られています。今回の場合は最終兵器の設計者と主人公のその娘の因縁物語です。
 本家作品(第2作目~)で敵役のダースベーダーが主人公のルークの父親であり、オビ・ワンとは師弟関係だったという驚愕の宿縁のお約束ごとを、今回もしっかり守り、脚本化しています。
 米国のような戸籍の無い社会では血筋や因果応報思想などに関心が深いのでしょうかねえ(笑)。
 それにしても、これほどウェットで無理な筋書きにしなくても良いのにと思うのは、それほどSWファンでない者の意識なのでしょうか(笑)。
 
 というのも、今回のお話は、第1作の「たった一回の攻撃でデススターが木っ端みじんに破壊されるのは余りにおかしい。」というコアなファンの根強い批判がベースにあって、その批判に対する製作者側の回答といわれています。でも、映画を観ていただければ、わかりますが、普通、そんなことを考えるのか?どうしてばれない?やっぱり疑問です。
 
 加えて、娘が孤児になる可能性を無視して母一人が敵に立ち向かうシーンや育ての親であるゲリラの親分が助けた娘を置き去りにするのもどうもしっくり来ません。普通そんなことしませんよねえ。ストーリーのためのストーリーで無理があります。ラストもなんか暗いなあ。
 また、設計書の奪取作戦も、反乱軍の無責任な評議員会議に幻滅して、主人公達のごろつき(ローグ)の寄せ集めが侵入するのですが、そのメンバーたるや百戦錬磨の戦士でフォースを信仰しているにもかわらず、実はフォースが全く使えないのという淋しい設定です。もっとも、大義のために暗殺などに手を染めてきたという悲痛な訴えは、今のアメリカを鋭く批判しています。嘘(笑)デス。
 一方、戦闘シーンなどは最新の技術で良くできていますが、シリーズ最高傑作と私も認める第二作目の「帝国の逆襲」のときのインパクトには到底及びません。観客の目はどんどん肥えて来ますから、やっぱりシリーズものは難しい。もっとも、相棒のロボットのデザインは第1作目に登場する拷問ロボットに類似しており、気に入りました(笑)。
 そうした厳しい目の中で、実は今回は密かに個人的に期待していた映像が、予想を超える規模で展開されました。お見事、もう言うことはありません(笑)。
 ここからは、ネタバレです。ご注意ください。
 
 あの第1作で帝国軍ターキン総督を演じた、イギリスの名優でハマー・フィルムの雄、ピーター・カッシングがCGで蘇ったのです。
 既に死亡している俳優がまったく生前の姿のままで、しかも、顔のアップもビシバシ入ります。当時のままの名演です。いやあ凄い。
 俳優の権利関係も気になるところですが、どうやって撮影したのか、その技術の裏舞台・メイキングを早く知りたいものです。思えば「ターミネーター/新起動」でシュワルツネッガーを若返らせた例もありますが、カッシングの場合、過去に顔の型どりなどをしてなかったのでしょうから、大変興味があります。
 しかし、1000円もするパンフレットには、ピーター・カッシングのことは一言半句たりとも載っていません。もちろん実際の出演俳優ではありませんし、観客へのネタバレ防止のためなのでしょうが、パンフレットぐらいにはターキン総督の項を置いてリスペクトすべきではないでしょうか(怒)。
 ともかく、CGピーター・カッシング登場でこの映画は大満足すべきものになりました。
 とはいっても、ラストの厚化粧的な姫は蛇足です(笑)。

« 海賊と呼ばれた男 | トップページ | バイオハザード/ザ・ファイナル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/68890420

この記事へのトラックバック一覧です: ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー:

« 海賊と呼ばれた男 | トップページ | バイオハザード/ザ・ファイナル »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30