無料ブログはココログ

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | 逃げるは恥だが役に立つ »

2016年11月27日 (日)

レッド・ムーン

 以前、このブログで「DVD化を期待したい映画(2008.2.17、続2013.5.4)」として掲げていた西部劇「レッド・ムーン」が復刻シネマライブラリーから初めてDVD化されました。
Photo  この映画は、1968年の公開時に観ているのですが、手許にパンフレットがあるものの、内容はほとんど記憶にありません。ただ、故淀川長治氏の「姿なきインディアンの恐怖が凄い」と褒めた批評を読んで劇場に行ったものの、当時流行だった派手なガンプレイのアクション描写が少なく、がっかりした記憶がかすかに残っているだけで、今回の再見を楽しみにしていました。
 ストーリーは、10年前にインディアンに囚われ、子どもをなした白人の女性を保護した騎兵隊の退役する斥候(グレゴリー・ペック)が故郷に帰りたいという母の希望で同行したところ、インディアンの夫が子供を取り返しに来るという内容です。
 この夫が悪名高いサルバヘという凶悪なインディアンだったため、母子が通過した駅や町の住民が皆殺しにされ、最後には母子を連れ帰ったペックの牧場にて姿なき敵を迎え討つという西部劇です。
 やはり淀川氏の指摘のとおり、スピルバーグの「激突」よりはるか前に、姿が見えない襲撃者の恐怖をこれだけ描いたのは凄いと思います。
 殺戮の跡や生き残りの証言でサルバヘの凄さや恐怖を間接的に生々しく描き、ラスト近くの自宅への襲撃シーンでも最初はその疾走する姿が木々の間から一瞬かいま見える程度に抑え、ついに最後の一対一の格闘でやっと全身が現れてもインディアンの背中や一部しか映しません。いやあ、その計算されたサスペンス演出には唸ります。
 
 俳優たちも、主演のグレゴリー・ペックが持ち味の人の好さを好演します。最初は、駅馬車に乗せるだけの予定だったのが、夫から逃げたくて必死な母の姿を見て、保護すべきかどうか、眉をへの字に曲げて逡巡する様子は、懐かしくもうれしい定番の演技です。上手い下手を超越します。これぞ名優グレゴリー・ペックだと思います。
 
 そして、それ以上に、10年前に家族を殺され、生きるために妻になる道を選ぶしかなかった母親を演じたエバ・マリー・セイントの静かな演技が鬼気迫ります。忘れかけた言葉はうまく話せず、顔もインディアン化したかのような表情の中で、しかし、子どもだけは自分で育てるという気持ちを見事に演じます。この女優さんは、当時結構有名でしたよねえ。
 さらに、父の助けを待ちながら敵意に満ちた表情を見せるインディアンの子役も良い。人種問題の難しさを浮き彫りにします。
 
 しかし、あのエンドマークの後は一体どうなるのかと思いながら、映画は幕を閉じます。
 いやあ、DVDコレクションに入れる価値のある映画でした。
 

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | 逃げるは恥だが役に立つ »

コメント

たかとんびさま、この度は弊社DVDをお買い求めいただき、またリクエストはがきも頂戴し、ありがとうございました。「レッド・ムーン」は復刻まで時間がかかりましたが、皆様に喜んでいただけて本当に良かったです。まだまだ懐かしい名画を復刻して参りますので、どうかこれから先もよろしくお願いいたします。
リクエスト作品も確かに頂戴致しました。ディズニー作品など難しいものもございますが、復刻に向けてがんばります!

復刻シネマライブラリー様

 わざわざコメントありがとうございます。これからも復刻、是非、よろしくお願いします。応援しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/68603367

この記事へのトラックバック一覧です: レッド・ムーン:

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | 逃げるは恥だが役に立つ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31