無料ブログはココログ

« ハドソン川の奇跡 | トップページ | ジェイソン・ボーン »

2016年9月25日 (日)

傑作SF映画選PART4

 過去のB級SF映画を「傑作SF映画選」というシリーズとして、本邦初でDVD化してくれる奇特な企画があります。
 このブログでも、既に3回取り上げており、今回がPART4ということになります。ちなみに、第1回目が2013.5.19、第2回目が2013.10.02、第3回目が2013.11.09です。
 
71hkltelldl_sl1080_  さて、今回ご紹介するのは、「海獣の霊を呼ぶ女」というSF映画です。
 内容は、そのタイトル通り、催眠術師が美女に催眠をかけ、その霊が乗り移ったモンスターを海から呼びよせ、殺人を繰り返していくというストーリーです。まさしく、B級カルト映画という名にふさわしい作品です。
 
 今回、初見なのですが、殺人動機などは納得できないものの、予想外にまともでした。つまり、一度も早送りをせず、ジ・エンドの替りの「?」というエンドマークが出るまで観ることができました。この手の作品では、快挙です(笑)。
 正直、登場人物の顔が皆悪党面なのがつらいところもありますが、それも魅力なのかもしれません。
 誤解のないように云っておきますが、あくまで最後まで観ることができるというレベルです(笑)。
 
 実は、この映画、ストーリーとか内容ではなく、登場する海獣、すなわちモンスターが有名なのです。
 私の子ども頃には、この怪獣のモノクロ写真が少年雑誌に掲載されており、そのユニークで怪奇な姿が記憶に強く残っています。知らないことは恐ろしいものです。まだ見ぬアメリカの怪奇映画に憧れていたのです。思えば、少年雑誌の名編集者の大伴昌司氏が諸悪の根源です(笑)。
 そのせいか、日本では、フィギュア・メーカーのビリケン商会から発売されていたと思いますし、最近では、彼の国のトイ・メーカーからもそのフィギュアがDVDのオマケで発売されていました。
 
 このDVDが発売されたおかげで、長年、その筋(SF映画ファン)で有名だった幻の映画をやっと観ることができました。
 これで、ビリケン商会のB級モンスター 模型のモデルとなった怪物が登場する映画は一応終了ですし、憧れ(?)の未見の映画も随分残り少なくなりました。
 
 ということで、傑作SF映画選の発売メーカー様、誠にありがとうございました。
 以上、ご報告とお礼でした。
51navuyq1dl_2
 
51yprshxcl  ちなみに、既に発売済みのDVDです。オマケです(笑)。
51um06mabl
51ncbfvfnvl
 

« ハドソン川の奇跡 | トップページ | ジェイソン・ボーン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/67661532

この記事へのトラックバック一覧です: 傑作SF映画選PART4:

« ハドソン川の奇跡 | トップページ | ジェイソン・ボーン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30