無料ブログはココログ

« 日本特撮技術大全 | トップページ | X-MEN アポカリプス »

2016年8月 6日 (土)

ターザン REBORN

 幼い頃から何故かジャングルものが好きでした。子供向けの読み物では、動物の図鑑をはじめ、「ジャングル・ブック」のモーグリや「ターザン」が愛読書でしたし、夏休みのターザン映画特集のテレビ放送で、すっかりターザン役のワイズ・ミューラーのファンになっていました。
 この辺のお話は以前当ブログで紹介しましたので省略しますが、今夏は、何故か、ジャングルものの「ターザン」と「ジャングル・ブック」の実写映画が公開されます。いやあ、CG技術の進歩のおかげとは思いますが、感慨深いものがあります。
 ということで、早速現在封切り中の「ターザン REBORN」を観て来ました。
_new  当然、少年の頃の記憶にあるわくわく感を期待していたのですが、結果は、やっぱり、アニメ映画と違い、リアルなターザン実写映画は難しいといわざるを得ません。
 
 英国に帰国していたターザンがある事件をきっかけに、アフリカのジャングルに帰り、仲間の動物たちと一緒に悪人たちを退治するという物語であり、バローズ原作の後日談ともいうべき典型的なジャングルの王者のヒーローものなのですが、どうも微妙に面白くないのです。
 
 悪者の動機も、コンゴ開発に失敗したベルギー王のために、側近クリストフ・ヴァルツが借金を返済しようとする陰謀ですから、なんかセコイのです。
 まあ、007のスペクターの親分に続く悪役ですが、この役者さんは実に楽し気に演じてみせます。悪知恵だけかとも思うと、実は格闘術も凄いうえに、捕えた美女にも隙を見せません。インディ・ジョーンズの悪地質学者とは一味違います(笑い)し、独特のユーモアもいいなあ。
 そして、その美女というのがターザンの妻ジェーンであり、マーゴット・ロビーが演じており、なかなかの美形です。捕えられ、船の手すりに鉄輪で繋がれている勝ち気な姿がいい。と思ったら、この女優さんが、今話題のアメコミ映画「スーサイド・スクワット」のド派手な化粧の女悪役ハーレイ・クインを演じているそうです。いやあ、驚きました、是非、観に行かなければなりません(笑)。
 それにしても、どこに違和感を感じたというと、まず、リアルな巨大なゴリラに人間が素手で対抗できる筈もないのに格闘をするのですよ、これが・・。原作ではナイフの重要性をきちんと描いています。
 いや、それ以前に、ライオンやゾウ、野牛さえも、ターザンを昔の仲間と認識しているのに、幼馴染のゴリラだけが霊長類のくせにターザンを忘れているのです。
 というか、動物達の縄張りがどうのではなく、今回はジャングルの王者という設定が全く意味を為していないのです。というか、ターザンが弱すぎです。
 
 しかも、馴染みの部落についた途端、ジェーンと良い事としている間に、傭兵たちの襲撃を受け、結局、鞭で捕縛されて妻を奪われます。人間相手にですよ・・・。
 足手まといの筈のアメリカ特使のサミュエル・L・ジャクソンがいなければ、話は終わりでした。まったく、英国貴族としての長いブランクのせいとでも描いておれば救いがあったのに(笑)。
 その後も、ターザンの活躍はイマイチパッとしません。ツタで飛び移っても、背の低い虚弱な兵隊たちを何人倒してもイケません。そして、そのままラストまでずるずると引きずり、最後の見せ場でなんとか片が付きますが、スカッとするどころか、あの海に落ちたダイヤの箱はどうなったんだ、早く回収してほしいと気になって仕方がありません(笑)。
 いやあ、結局、面白かったのか、どうだったのか、どうもピンときませんでした。まあ、退屈しなかったことは良しとしましょう。
 それにしても、CG技術は凄い。前作のターザン映画「グレイストーク」で驚嘆した特殊メイクアップマスターのリック・ベイカー渾身のゴリラの着ぐるみも、こうしてみると時代の流れを感じます。
 ほとんどスタジオの中での撮影だとか。ジャングルもわずか7つのパターンの使い回しとか、まったく驚きです。(パンフレットの受け売りです。)
 もっとも、昔のハリウッド映画も、アフリカの膨大な記録映画を流用して、セットで着ぐるみやチンパンジーをはじめ麻酔をかけたライオンと撮影したそうですから、基本はあまり変わりないようです(笑)。
 ちなみに、公開が迫る「ジャングル・ブック」は、緑の幕だけでセットすらないようですから、次に期待しましょう(笑)。 
 

« 日本特撮技術大全 | トップページ | X-MEN アポカリプス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/66865976

この記事へのトラックバック一覧です: ターザン REBORN:

« 日本特撮技術大全 | トップページ | X-MEN アポカリプス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31