無料ブログはココログ

« X-MEN アポカリプス | トップページ | ゴーストバスターズ’16 »

2016年8月21日 (日)

ジャングル・ブック

 本日夕方、やっと「ジャングル・ブック」を観て来ました。日本語版しか上映されていないので「字幕版と違ってどうかな?」と心配していたのは杞憂でした。
_new  冒頭のCGのジャングルの風景に感動です。幼い頃に憧れた、人が駆けることのできる理想のジャングルの樹木や毒虫もいない安全な図鑑の中の密林が目の前に広がっていました。
 黒豹のバギーラや母狼のラクシャが日本語でしゃべっても全く気になりません。さまざまな小動物たちが擬人的に動き回りますが、これも少しも気になりません。それどころか、なかなかの人選(?)が笑えます(笑)。
 ストーリーも軽快にスピーディに進みます。わかっているはずの物語なのに、次々と意表をつく展開です。結構、手に汗を握りますゾ。
 
 それにしても、片目の虎のシア・カーンの悪役ぶりや非情さも特筆ものです。巨大ニシキヘビのカーはあんな奴でしたか?幼い頃の愛読書との記憶とは違うような気もしますが・・・(笑)
 まあ、熊のバルーは、ディズニーのアニメのキャラクターのままなのが少し気に入りませんが、冬眠の嘘に免じて許しましょう(笑)。
 ともかく、CG技術の進歩を改めて実感します。背景も動物も、モーグリの子役を除いて、総てグリーンの背景でのCG製なのです。見事なものです。
 そして、エンドロールが始まっても席をたたないことをお薦めします。ジャングル・ブックの本の表紙が開いて現れる、小さな世界の動物達の箱庭がなんとも素晴らしい。感動です。是非、ご覧ください。
  いやあ、映画って本当に面白いですねえ。終わり。
 
 

« X-MEN アポカリプス | トップページ | ゴーストバスターズ’16 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/67116326

この記事へのトラックバック一覧です: ジャングル・ブック:

« X-MEN アポカリプス | トップページ | ゴーストバスターズ’16 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30