無料ブログはココログ

« スノーホワイト 氷の王国 | トップページ | インデペンデンスデイ リサージェンス »

2016年6月 5日 (日)

デッドプール

 お下劣でハチャメチャと話題のアメコミ映画「デッドプール」を観て来ました。確かに、冒頭の車のクラッシュシーンの静止画像からして笑える仕掛けが満載であり、タイトル表示もおふざけモード全開です。
 最初は、主人公のあまりのお下劣なセリフや態度にあきれますが、実は、この映画の骨格はラブストーリーであり、勧善懲悪をベースにした復讐物語なのです。
 しかし、最近のアメコミ映画に見られる、仮面を付けたヒーロー達による深刻で勿体ぶった社会派映画より、何倍も高尚な気がするのは私だけでしょうか。
 
_0001_new  ストーリーは単純であり、凄腕の元傭兵が気のいい売笑婦と恋に落ちたものの、末期がんと判明。悩んだ挙句、がん治療を餌にした謎の組織の人体改造により不死身の体になったものの、副作用で容貌が醜く変化してしまったため、マスクをかぶり組織に対して復讐を行うというものです。
 
 ユニークなのが、このデッドプールというヒーローの造型です。とにかく、おしゃべりで、下ネタいっぱいのセリフを延々としゃべり続けます。その下ネタ関係も凄いですが、次々に出て来る映画愛ともいえるオタク的な映画知識にうれしくなりました。
 若い頃に同じような映画「ダークマン」に主演した俳優名を挙げて、「3度も娘を誘拐されるあほな親父」とか、SF映画「コクーン」を称して「ポルノ映画」とか、そのネタの数々には思わず笑います。
 そのほか、結構、映画の中では、劇中の役名などに映画ネタを楽屋落ち的に使っているようです。
 なお、有名な人もカメオ出演しているようですが、恒例のマーベルのおじさんしかわかりませんでした(笑)。
 そして、映画自体の造り方も斬新です。劇中から主人公が観客に話しかけるという荒業を連発しながら、ヒーロー誕生への回想シーンなどを巻き戻して挿入してきます。
 それが不思議と興ざめもせず、すんなり溶け込んでいるのは、アメコミ映画だけに漫画のフキダシ的な手法がマッチしているせいかもしれませんが、それ以上に、脚本家が凄いのだろうと思います。一見、おふざけセリフやでたらめな構成に思えますが、並々ならぬ計算がなければ、こんな映画は作れませんゾ。そういや、冒頭のタイトルには脚本だけに尊敬の念がコメントされていました(笑)。
 それにしても、気のいい美人売春婦との恋は、「あなただけ今晩は」、「プリティ・ウーマン」、「大逆転」など昔からよく映画で描かれていますが、今回のヒロインもいい女(笑)で、短髪(初回の出会い)がよく似合っていました。モリーナ・バッカリンというブラジル出身の女優さんです。
 この二人の恋の時間経過がベッドシーンをつないで表現されたのも大いに笑いました。ちょっと男にはきつい過激な場面がありますが・・・。
 しかし、見せ場はなんといってもラストです。主人公が恋人に見せたくなかった醜い顔(「ダークマン」ほどひどくないが・・・。)を観ても、彼女は彼にキスをするのです。もっとも、そのまえに一発はたいていますが(笑)。
 このハッピーエンドがうれしいのです。 
 悪い奴らは問答無用で殺してしまう過激な活劇であり、しかも、下ネタ満載の表現の底には、男の夢ともいえるラブストーリーがしっかり組み込まれています。他のアメコミ映画より数枚上手の見事な娯楽映画でした。いやあ、大いに気に入りました。
 それにしても、このヒーローが「XメンーZERO」の敵役キャラとは知りませんでしたし、主人公が「あなたは私のムコになる」の婿役の役者さんとは気が付きませんでした(笑)。
 

« スノーホワイト 氷の王国 | トップページ | インデペンデンスデイ リサージェンス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/65852588

この記事へのトラックバック一覧です: デッドプール:

« スノーホワイト 氷の王国 | トップページ | インデペンデンスデイ リサージェンス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31