無料ブログはココログ

« 風の市兵衛 | トップページ | デッドプール »

2016年5月29日 (日)

スノーホワイト 氷の王国

 「スノーホワイト」の続編「氷の王国」は、前作で滅んだはずの白雪姫の義母、邪悪な女王ラヴィンナには、妹が居り、しかもそれが氷の女王だったというお伽噺のアレンジ・ファンタジー映画です。
_new_0001  今回は、その氷の女王フレイヤの悲しい誕生の物語をベースに、前作で活躍した猟師エリック役のクリス・ヘムズワース(アメコミのソウ役)の生い立ちや最愛の妻との秘話が明らかになりますが、この映画の最大の見所は、なんといっても、シャーリーズ・セロン扮する悪の女王の、小気味がよいほどの邪悪ぶりです。
 シャーリーズ・セロンの人間離れした美貌には、魔術を駆使する人外女王が本当に良く似合います。
 しかも、前作と違って、魔法の鏡の化身になっての復活であるため、老いに悩むことも醜い容貌を晒すこともなく、復活した完全体として、黄金の豪華な衣装とともに、徹底した悪女ぶりを発揮します。
 その美しくも禍々しい魅力は筆舌につくせません。彼女の目や指の動きの美しさに圧倒されます。完全に悪の魅力に参りました。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の薄汚れた隻腕の女戦士より数倍も好きです(笑)。
 可哀想なのは、エミリー・ブラント扮する氷の女王です。ストーリーもそうなのですが、二人が並んで立つと容姿でどうしても見劣りします。美人過ぎる姉を持つ妹の悲哀かもしません。もっとも、姉より美しかったら真っ先に殺されていたのかもしれませんが・・・。
 なお、今回は、スノーホワイトが魔法の鏡の呪いで病んでしまったという設定のため、その姿は暗い後姿が一瞬描かれるだけで、クリステン・スチュワートは登場しません。これも良かったのでしょう(笑)。もっとも、その代わりに、ジェシカ・チャスティンがエリックの妻サラ役として女戦士役で大活劇を披露します。向こうの女優さんは大変です(笑)。
 
 凸凹コンビのドワーフをはじめ、類人猿のような青いゴブリンなど、CG製の異世界は、ハリウッド製らしく良くできていますし、全体的に明るい、ユーモアあふれるムードが気に入りました。娯楽作品としては、まっとうに楽しめる、セロン魅力全開の映画でした。

« 風の市兵衛 | トップページ | デッドプール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/65735615

この記事へのトラックバック一覧です: スノーホワイト 氷の王国:

» 「スノーホワイト 氷の王国」 [ここなつ映画レビュー]
前作「スノーホワイト」を観た訳でもないのに、何故この作品を観ようと思ったのか…?私って実はクリス・ヘムズワース好きだったんだなぁ…いや、そんなはずは…、などとかなり自問自答しつつ鑑賞。どうしてこの作品を観に来たのだろう、という心の折り合いがつかず、そんな気持ちのままで観たせいかどうか、ぶっちゃけ大して面白くもなく。色んなことが色んなもののバクリのような。そもそも氷の女王の設定が、「ナルニア国物語」と「アナと雪の女王」を混ぜ合わせた上に薄めたような感じなのだものなぁ…。クリス・ヘムズワースも大してアレ... [続きを読む]

« 風の市兵衛 | トップページ | デッドプール »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30