無料ブログはココログ

« 暗殺教室 卒業編 | トップページ | ちはやふる 上の句 »

2016年4月 9日 (土)

あやしい彼女

 多部未華子の「あやしい彼女」を観て来ました。この映画は、誰が何と言おうとも、もはや彼女の映画といって過言ではありません。久しぶりに銀幕の女優さんに恋をしました(笑)。
_new 実は私、何を隠そう、高校生以来の筋金入りのオードリー・ヘップバーンのファンなのです。その私になんということをしてくれるのでしょう、この映画は。
 前半、73歳のおばあさんが20歳に若返る場所である謎の写真館のウィンドウに飾られていたオードリー・ヘップバーンの写真が映し出された瞬間、心を撃ち抜かれました。
 元ネタの韓国映画も知りませんし、事前には詳しい情報も得ておりませんので、ヘップバーンネタが使われることは、不意打ちというか、反則というか、感激というか、こんなにうれしかった映画は近年ありません。

 この映画は、オードリー本人の写真だけではなく、ベスパや真実の口などの「ローマの休日」ネタも色々使われていますが、やはり、なんといっても未華子ちゃん(以下、このように呼びます。)の短い髪形やオールドファッションが、和製ヘップバーンという称号に値するほど似合っています。ぴったりです。ともかく、めちゃめちゃ可愛いのです。
 オバハンを演じる演技もいいが、ともかく可愛いが一番です。歌いっぷりも見事です。昭和の歌がまたいい。なんか本当に感動しました。これも演技でしょうか、うまい。
 また、湯あたりして白目をむいた姿には爆笑しましたし、彼女の変顔はその可愛さを倍増させ、コメディアンヌとしての才能も見せつけます。

 ともかく、徹頭徹尾、未華子ちゃんの映画でした。ラストもいいじゃないか。誰か、なんか文句ありますか(笑)。いやあ、真に楽しかったひと時でした。そして、彼女のためにも、この映画が大ヒットすることをお祈りします。  

« 暗殺教室 卒業編 | トップページ | ちはやふる 上の句 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/64880233

この記事へのトラックバック一覧です: あやしい彼女:

« 暗殺教室 卒業編 | トップページ | ちはやふる 上の句 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31