無料ブログはココログ

« へんな生きもの へんな生きざま | トップページ | ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション »

2015年8月13日 (木)

サイドショウ トリケラトプス

 アメリカのトイメーカーのサイドショウがまたまたやってくれました。恐竜模型のダイナソーリア・シリーズから満を持してのトリケラトプスの登場です。

 このシリーズの第1号がティラノサウルスVSトリケラトプスの2体セットものでした。
 その後、一体ものとして、ティラノサウルスが単独で発売された(2009.9.13ブログ参照)のですが、これがなかなかの傑作モデルで、私がこの模型シリーズに嵌った作品でもあります。
 このティラノサウルスのモデルは、当時の学説のせいか、頭部から背中に棘のような突起が並んでいます。加えて、塗装が生物感溢れた色合いと質感が凄いのです。それまでの海洋堂製のモデルのレベルを一気に超えていました。東宝特撮とハリウッド映画との違いのようでした。

Img_05751 そして、今回、その後数年たって、やっと、相方のトリケラトプスが発売されました。
 まず、箱型の体型がなかなか良い。しかも、背中に並んだ突起がうれしいデザインです。そして、色合いも艶もあっていい感じです。
 しかし、なにより感心したのが、頭部の二本の角の質感です。形といい、色合いといい、素晴らしい。

Img_0578 また、サイズもおおよそL50cm×H30cm×W30cmぐらいなので、まあ、飾りやすいものです。この前、単体として2番目に発売されたL70cmもあるティラノサウルスは、やはり大きすぎです。作りもやや粗雑だったかな。

 このトリケラトプスと単体発売第1番目のティラノサウルスの組み合わせが最高でしょう。
 いやあ、素晴らしい作品でした。

Img_05761 なお、掲載した写真は、室内の照明のせいか、実物の深みが抜けた色合いとなっているのが残念です。商品写真もあまりよくありませんので、これは、どうしても実物を見てほしいものです。

 実物は、生物としての生々しさが上手く表現されています。あとは、保管において紫外線による塗装の色あせを心配するだけです。

Dscn90801Dscn90771




« へんな生きもの へんな生きざま | トップページ | ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイドショウ トリケラトプス:

« へんな生きもの へんな生きざま | トップページ | ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30