無料ブログはココログ

« ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション | トップページ | キングスマン »

2015年8月25日 (火)

市川 雷蔵

 市川雷蔵は、39歳で亡くなるまで、159作品に出演し、「炎上」、「薄桜記」、「濡れ髪牡丹」、「斬る」、「忍びの者」「新撰組始末記」、「続忍びの者」、「剣鬼」、「陸軍中野学校」、「ある殺し屋」、「ひとり狼」など、代表的な傑作も十指に余りますが、何故か、一年に何度か、市川雷蔵の「眠狂四郎」を見たくなります。
 それも、雷蔵の最晩年の「眠狂四郎 悪女狩り」です。
 ちなみに、雷蔵の狂四郎シリーズは、1ダーズもあるのですが、初めの頃の作品は、原作者にも評判が悪く、観客も今一つだったようです。打ち切りの話もあったそうですが、盟友の池広一夫監督が、お色気とトリッキーな殺陣を持ち込み、やっと人気が出たそうです。
 雷蔵が適役といわれた「眠狂四郎」ですが、やはり文字で観る原作の虚無の雰囲気は難しいようです。傑作の呼び声も高い「眠狂四郎 無頼剣」なども、円月殺法対円月殺法は見所ですが、一箇所、不用意に雷蔵の人の好さが出るなど、大きな瑕疵があります。

Img_new 「眠狂四郎 魔性の肌」の鰐淵晴子の美貌も捨てがたいですが、私はやはり、「眠狂四郎悪女狩り」が好きです。
 この映画は、雷蔵が病を押して撮ったとされる作品で、あまり過激な動きはできなかったようですが、それが、かえって、狂四郎の夢幻のような殺陣となったような気がします。加えて、大映美術のすごさを堪能できるセットや美術です。大奥の黒光りする大廊下、ありえない形状の三日月、もう大映美術の粋を集めた見事さです。

 そして、曲芸的な殺陣の数々。円月殺法の多重露光は言うに及ばず、天井に刀を立てて反動で飛び出すとか、相手の短刀突きに合わせて縄目を斬るなどとは、トリックの極みです。面白いじゃないですか。

 また、気のせいでしょうが、役者の病を知っているためか、狂四郎の虚無の雰囲気がより深く感じられます。実は、私は、この作品について、世評とは違って、雷蔵の晩年の代表作と密かに思っています。

 しかし、雷蔵の魅力は、あのセリフ回しでしょう。朗々たる声と口調は、どんな気障で恥ずかしいセリフでも、説得力を持って聞かせます。あの声は、いままで似た声を聞いたことがありません。唯一無二の声です。亡くなられて、もう45年経ちますが、いまだにファンの方は多いように感じます。目千両というより声千両の役者さんです。

« ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション | トップページ | キングスマン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/61294601

この記事へのトラックバック一覧です: 市川 雷蔵:

« ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション | トップページ | キングスマン »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30