無料ブログはココログ

« 博物館級 ティラノサウルス | トップページ | ハンガー・ゲーム FINAL レジスタンス »

2015年6月21日 (日)

トゥモローランド

 久しぶりに映画二本立て鑑賞を強行しました。観たのは、初めに「ハンガーゲーム」、二本目が「トゥモローランド」でした。これまでの経験で、二本目は体力的に限界だろうなとはあきらめつつ、消化ゲームのつもりで席につきました。
 しかし、これが思いのほか、面白かったのです。まず、ストーリーが予想と全く違います。宣伝文句の「ウィルト・ディズニー最大の謎にして、最高のプロジェクト」というから、ディズニーランドの秘密の話かと思ったら、ストーリーと全然関係ない話ではないですか。
 まったく、予想外の展開に、驚くと同時に、すっかり魅了されました。

Img_new まず、主人公たちを「トゥモローランド」に誘う謎の少女アテナの子役ラフィー・キャシディが抜群に良い。お気に入りの女優オードリー・ヘップバーンの少女時代を彷彿させる美少女です。そして私たちが雑誌の挿絵で憧れた、1960年代初めの古き良きアメリカ白人家庭の生活ぶりや服装、その象徴ともいえる、腰高のスカート、ポニーテール風の髪形にした、幸せそうな娘の再現です。そういえば、ソバカスがこれほど魅力的に見えたのは随分昔のことでした(笑)。後年ジョージ・クルーニーとなる少年が初恋をしたのも当然のことですねえ。
 もっとも、ラストで、偏屈なオトナになったクルーニーが少女を抱き抱えた姿は、未成年者保護育成条例違反になるのではないか、と成り行きを少し心配しました(笑)。
 それにしても、パンフレットの表紙から、このアテナの姿を削除したセンスはあきれます。ただのチラシには、しっかりその可憐な姿が描かれています。今回の表紙のイメージは映画を全く表現しておらず最低な出来ですし、クルーニーの少年時代の子役は、大事な役なのに、たった1行の紹介記事です、可哀想に。どうも、最近のパンフレットの編集は変です。問題のパンフが次の写真です。

Img_0001_new そして、アテナに最後に選ばれる女性を演じたブリット・ロバートソンも頑張りました。ともかく、好奇心が旺盛で、活発で、行動的で、質問好きの主人公を熱演です。決して凄い美人ではないですが、役柄的にうっとおしくなるところをうまく魅力的に魅せています。いやあ、感心しました。

 ストーリーは、とにかく奇想天外で、1964年のニューヨーク万国博覧会から始まり、パリのエッフェル塔、エジソン、ベルヌなどの発明家、あるいは、襲い来るAA(オーディオ・アニマトロニクス=ロボットらしい)との意外なほど過激なアクション、禁断の発明モニター、そして地球の滅亡の日など、いやあ、懐かしいSF小道具の満載に驚き、感心しました。もっとも、最後のハッピーエンドの理屈が今一つわかりませんでしたが・・(笑)。

 ともかくも、気持ちよく予想を裏切られ、上等な映画でした。二本目をこれだけ楽しく見ることができたのは、快挙です。

« 博物館級 ティラノサウルス | トップページ | ハンガー・ゲーム FINAL レジスタンス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/60459101

この記事へのトラックバック一覧です: トゥモローランド:

« 博物館級 ティラノサウルス | トップページ | ハンガー・ゲーム FINAL レジスタンス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30