無料ブログはココログ

« 寄生獣 完結編 | トップページ | カリフォルニア・ドールズ »

2015年4月27日 (月)

蜩の記

 封切り時は、結構話題になっていたのに、何故か、劇場に足が向かなくて見逃してしまった映画「蜩の記」をやっとレンタルDVDで見ることができました。

Img_0001_new_0001_new 落ち着いた格調の高い美しい映画でした。黒澤明の最後の弟子の監督は、どこまでも真面目に映画を撮っています。作りこまれたセットや四季の風景は、隅から隅まで細かな神経が配られた美しい映像になっています。
 家庭での鑑賞にもかかわらず、珍しくも早送り機能を持つリモコンを使わずじっくり観ることができました。いかに、映画がよくできていたか、このことだけで、自ら納得します。

 主演の役所広司は当然ですが、助演の岡田が予想以上に良い。このタレントさん、ますます役者らしくなりました。居合斬りも相当練習したのでしょうねえ。それに、娘も妻も姿勢が良いのが美しい。意外に静かな役が似合っていたのは驚きです。

 しかし、観終わって、どうにも話が納得できません。こんな理不尽な話をどうして美談にするのですか?主人公は、何をもって武士の生きざまとしているのでしょう。
 バカ君主のアホな命令に殉死ですか?一番悪い家老ががパンチ一発で許されるのですか?暗殺された次男君はとうてい浮かばれません。幕府支配の封建主義だから、藩としてはしかたのないことで、その中で我慢することが美学ですか?
 この映画は、現在の観客に一体、何をメッセージとしているのですか?

 お上の言うことには、従順に盲目的に従い、家族も犠牲にして我慢し、武士道という自らの自己満足の中で、名誉も命も捧げなさい。そうすれば、お上もお情けがあり、家族も静かに暮らせます。・・・とでも言うのでしょうか。
 しかも、百姓達には、何の救いもありません。耐え忍べば、お上も慈悲がある。

 ・・・とでも主張しているのでしょうか。家老の策略は、現実にありそうな話でしょうが、それをそのまま肯定した筋書きでは、なにかが変ではないでしょうか。
 自己満足しかない死にざまに何の価値があるのでしょう。誰か、この話の良さを教えてください。原作もベストセラーですよねえ。私には全く理解できません。映像が美しいだけに、逆に怖いものを感じます。

 嗚呼、かつての時代劇映画の反逆の心は今いずこへ・・・。劇場に行かなかったのは、私の潜在的な反発心だったのでしょうね、きっと。その意味では、誠に正解でした。

« 寄生獣 完結編 | トップページ | カリフォルニア・ドールズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/59785761

この記事へのトラックバック一覧です: 蜩の記:

« 寄生獣 完結編 | トップページ | カリフォルニア・ドールズ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30