無料ブログはココログ

« 96時間 レクイエム | トップページ | クロノス »

2015年1月13日 (火)

バトルフロント

 ジェイソン・ステイサムのアクション映画は癖になります。しかも、居間で寛ぎながら、DVDを楽しむのにぴったりの映画です。
 今回ご紹介する「バトルフロント」は、まさに上映時間はB級の長さ 100分であり、それほど大作風でもありません。しかし、これが面白い。レンタルから始めて、正規のDVDまで何回見たことでしょう。
Img_new 脚本と製作は、シルベスター・スタローンとのことで、やっぱり、「ロッキー」を書いて主演し、一世を風靡した人は、話の造りが一味違うと感心します。
 まず、無骨なステイサムと可愛いが気の強い娘という父子のストーリーにしたのがまず上手い。ステイサムは、元凄腕の麻薬Gメンであり、素姓を隠して、亡き妻の田舎町でひっそりと娘と二人で牧場を営んでいるという設定が見事です。
  しかし、一見平和そうに見える田舎でも、やっぱり麻薬を製造する小悪党も居り、しかも、学校での娘へのイジメからその一家と諍いを起こす羽目にもなります。 

 その娘をいじめて逆に鼻を折られたいじめっ子のヤク中の母親が凄い。アメリカのモンスター・ペアレントとはまさにこういうものだろうと思わせる、凶暴な言動と目つきは、演じた役者さんを褒めたくなるほどリアルです。本当に、アメリカの田舎はこわい。なにしろ、やられたらやり返すという土壌ですから、その父親も当然ながらステイサムに掴みかかります。
 この時のステイサムの反撃が凄い。一瞬の投げと喉締め、その体の切れが半端ではありません。このシーンを何度繰り返し見たことでしょう。このほかにも、何度か格闘シーンがきっちり描かれていますが、いずれも、ステイサムのあの鎧のように鍛え抜かれた体とスピードのある動きが素晴らしい。この場面を見たいがために、DVDを買いました(笑)。

 ともあれ、この事件で、頭に来た母親が町の麻薬製造業者である実兄に復讐を依頼したことから、ステイサムが現役の時に逮捕した麻薬王までも巻き込み、のんびりした田舎の町はギャングたちの銃撃戦の大騒動に見舞われることになります。

 いやあ、大変楽しい活劇でした。「レオン」もそうですが、やっぱり子どもが絡むと盛り上がります。また、ステイサムの子供相手に一寸勝手が違うような演技は微笑ましいものです。まさに立派な小品です。未見の方は、どうかお暇なときに居間でご覧ください。 

« 96時間 レクイエム | トップページ | クロノス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/58573138

この記事へのトラックバック一覧です: バトルフロント:

« 96時間 レクイエム | トップページ | クロノス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30