無料ブログはココログ

« ヘラクレス | トップページ | マイク・ヒル作クリストファー・リーのドラキュラ »

2014年11月 3日 (月)

エクスペンダブルズ3

 オール・アクションスター映画の「エクスペンダブルズ」シリーズも3作目にしてやっと面目躍如の出来となりました。

 今回は、シルベスター・スタローンの呼びかけに、アントニオ・バンデラス、ウェズリー・スナイプス、ハリソン・フォードが加わり、なんと、メル・ギブソンが悪役の武器商人を演じます。もちろん、片腕役のジェイソン・ステイサムは居ますし、同業者のアーノルド・シュワルツネッガーもきちんと付き合っています。
 これだけの大スターを一体どう映すのか、と心配でしたが、さすがに、昔の東映オールスター映画のように、千恵蔵と歌右衛門のカット数をきっちり同じにするような無様な真似は全く見られず、安心しました。しかし、しっかりそれぞれの見せ場を作っています。

3 投獄中のスナイプス(脱税で実刑)の奪回作戦など、楽屋落ちというより、芸能界復帰記念映画としての応援歌のようでした。スタローンの男気のような気もします。多分、悪評高いメル・ギブソンの起用もその辺にあるのではないかとも思います。人脈もの広いのもわかります。
 パンフレットによると、実は、この映画は、ギャラが相場より相当低いとのことですが、男気よりお金を要求して降りたブルース・ウィルスの男が下がったのも仕方ないでしょうねえ。もっとも、個人的には、ウィルスがいない方が、映画の雰囲気が良くなったと思います(笑)。

 それにしても、驚いたのは、こんな大勢の大スター達に気を使う必要がある映画を料理したのが、パトリック・フューズという監督ですが、この監督さん。聞けば、この人、たった1本しか長編映画を撮っていないとか、スタローンの大抜擢のようです。いやはや、世界は広い。いろいろな才能があります。 

 スタローンという人は、その間抜けな顔に見合わず、本当に頭が良い。まあ、「ロッキー」を自分で企画し、主演しただけのことはあります。不遇の往年の大スターをしっかり再生しているのですから、立派です。

 今回のストーリーもなかなか感心しました。
 まず、旧メンバー全員をいったん解雇し、新たな軍団を作るため、若い傭兵を募っていくのも面白い。もう七人の侍の雰囲気です。しかも、作戦実行に際しては、消耗品軍団得意の古い体当たり作戦ではなく、ハイテクを生かした行動も納得です。旧軍団の行動は、観客から見ても、とても成功しそうにありません(笑)。
 しかし、一旦は成功したものの、スタローンの失策(そうとしか思えない)で、若いもの全員が捕虜。
 そして、そこから再び旧メンバーが立ちあがり、救出に向かうのですが、どうも、この映画は、前半の展開からスタローンが足を引っ張り、その失敗で、味方が窮地に陥るのが定番のようです。

 それはともかく、最後の決戦が掛け値なしで物凄い。新旧合わせた軍団10人で、戦車数台、戦闘ヘリ3機など、無数の兵隊、一個師団程度の軍隊と戦うのです。もうむちゃくちゃな戦闘シーンです。

 ロケ地は、ブタペストの造船所の廃墟を使ったようですが、高層ビルを丸ごと破壊する迫力です。CGを使わず、撮影したようですが、桁外れの物量です。正直、その半端ないレベルには茫然自失です。CG製のトランスフォーマーなどとは映像の厚みが違います。
 しかも、今回は、前作のように、ただ単に立って銃を撃ち続けるというお粗末な演出ではなく、一人ひとり殺陣がきちんと工夫されています。有名な俳優以外は、皆、レスリング、アメフト、女子プロレス、ボクシングの有名な実力者とのこと、誠にそのアクションのキレは全く別物です。

 それにしても、老けたフォードをどう使うかと持ったら、CIAの要員で、ヘリコプターの名手にしています。そう、スター・ウォーズのハンソロの再来です。ヘリの横で機関銃を撃っていたのが、シュワルツ・ネッガーとジェット・リーでしたが、パンフレットによると、書き手が監督に「チューバッカとR2D2に見えた」といったら、大うけだったと書いていました。これには、思わず笑いました。

 最後に、悪役のメル・ギブソンが素晴らしかった。これで、メジャー映画界へ復帰できないかなあ。マチェーテ映画だけでは悲しいなあ。  

 いやあ、消耗品軍団も捨てたものではありません。リサイクル万歳。

« ヘラクレス | トップページ | マイク・ヒル作クリストファー・リーのドラキュラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/57875172

この記事へのトラックバック一覧です: エクスペンダブルズ3:

« ヘラクレス | トップページ | マイク・ヒル作クリストファー・リーのドラキュラ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30