無料ブログはココログ

« 宇宙戦争’53 プラモデル ウォーマシン | トップページ | ヘラクレス »

2014年10月26日 (日)

イコライザー

 デンゼル・ワシントン主演「イコライザー」については、そのあらすじを聞いた途端、もう俄然、期待してしまいました。
 元CIAの凄腕エージェントが、その素姓を隠し、一般市民の暮らしをしている中、いたいけな少女の娼婦を助けるために、街のギャングを叩き潰すというお話は、もう現代のヒーロー映画の定番です。「タクシードライバー」、「レオン」など、傑作を挙げればきりがありません。
Img_new_0001 そんな西洋版の必殺仕置人を、「マイ・ボディガード」や「ザ・ウォーカー」で、見事なアクションと存在感を見せつけたワシントンが演じるのですから、もう堪りません。既に、企画の段階で、男性のアクション映画ファンをがっちり押さえていると言って過言ではありません。

 しかも、銃をガンガン使うのではなく、身の周りにある様々なものを即興的に武器にするという離れ業を見せます。ワインのコルク抜き、金鎚、鋲打ちなどなど、結構、痛そうです。初見では、そのアクションの先が予想できず、結構リアルでドキドキします。加えて、緊張感があるカメラワークから、過剰なグロテスクさを心配しましたが、杞憂に終わります。本当に、スカッと爽やかな(?)な殺しです(笑)。アクション映画は、いや、活劇は、こうでなければなりません。

 それに、最初は、敵は街のチンピラかと思っていたら、実は、ロシアマフィアの末端組織であって、ロシアから元KGBの暗殺者がその始末に来たりして、どんどんスケールがアップします。強敵の登場は、ドラマを一層盛り上げます。といっても、きちんと市井の生活を描きながらですので、なかなかリアルに展開します。
 ただ、さすがアメリカと思うのが、殺しの現場には、指紋など様々な証拠が残されているのに、捜査の手が全く伸びません。いくら汚職警官の巣とはいえ、杜撰なものです。この辺は、一寸違和感を覚えます。・・・まあ、いいか。最後は、期待通り、ロシアの大ボスまでたどり着くのですから。

 いや、今回の現代の必殺仕置き人という、男のお伽話は、誠に結構なものでした。それにしても、アカデミー賞俳優のワシントンは、意外にこういう荒唐無稽のアクション映画が好きなのですねえ。しかも、それをしっかりリアルに見せてくれますから凄い。結局は、やはり、演技力の問題なのでしょうかねえ。なんか、廃品部隊とはえらい違いです(笑)。

« 宇宙戦争’53 プラモデル ウォーマシン | トップページ | ヘラクレス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/57792916

この記事へのトラックバック一覧です: イコライザー:

« 宇宙戦争’53 プラモデル ウォーマシン | トップページ | ヘラクレス »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30