無料ブログはココログ

« クイック&デッド | トップページ | 上意討ち パンフレット »

2014年8月 9日 (土)

るろうに剣心 京都大火編

  「るろうに剣心 京都大火編」の予告編の中で、子役出身の神木隆之介扮する敵方の剣士が見せた襲撃の際の走るスピードと身のこなし、さらに、佐藤健の剣心との打ち合いでの地を這うような低めの構えの刀さばきなどは、なかなか見ごたえがあって、これまでにない画期的な殺陣が生まれたという前宣伝もあながち嘘ではないかあと感じ、内心かなり期待していました。

2  しかし、やはり、映画は本編見てなんぼ、全体で感じるものですなあ。良い箇所は全部予告編で露出済みでした。あとは余分な付け足しのような気がします。蛇足の殺陣が全体の印象を薄めています。
 それに、どうも、この監督さんの絵作り、美術はあまり感心しません。うっとおしいスモークもそうですが、なんか、舞台装置が雑然としており、見た目が美しくなのです。作ったセットをそのまんま、ただ撮影しているに過ぎないような気がします。前作もそうでしたが、美術自体は凄く凝っている、つまり金がかかっているような割に、なんか、絵づくり、映像へのこだわりが感じられないのです。

 加えて、漫画の原作の由来なのかもしれませんが、敵方の悪の衣装が大げさですし、演技も漫画的過ぎます。伊勢谷友介、田中みん等の頑張りも空回りのような気がします。それに、最狂の敵という設定の藤原竜也は、全身包帯の中で、目だけを出しての熱演ですが、これも、いつもの暑苦しさです。ただ、剣心の口癖の「・・ゴザル。」について、「ふざけた言い方は止めろ。」と一括するシーンは笑った。水と油の居心地の悪さを見事に描いた楽屋落ちのようなセリフです。

 それにしても、最後の謎の男のアップ登場は何?ファンサービスなのかな?NHKの龍馬伝の同窓会でもやるのでしょうか。わかりません。

 以上、期待していただけに、必要以上に辛口になりましたことをお許しください。猛スピードで動きまわる殺陣の創造など、アクション監督さんは頑張ったと思いますが、昔ながらの時代劇ファンには、どうも、居心地が良くない映画でした。

« クイック&デッド | トップページ | 上意討ち パンフレット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/57032874

この記事へのトラックバック一覧です: るろうに剣心 京都大火編:

« クイック&デッド | トップページ | 上意討ち パンフレット »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30