無料ブログはココログ

« ダイバージェント | トップページ | 夏の怪談 »

2014年7月26日 (土)

GODZILLA

 世界から2ケ月遅れで公開された映画「GODZILLA」を封切り初日、字幕版初回上映で観て来ました。平日の金曜日9時20分からですから、当然、午前中の仕事を休んで劇場に足を運びました。正直、映画を見てから、仕事に行ったのは初めてです。本当に、誰の影響なのでしょう、困ったものです。(笑)。

2014 さて、映画の出来ですが、冒頭の中世の怪物の絵から始めるのもうまいし、水爆の実験もなかなか感心します。文句はありません。

 コンセプトは、多分、東宝さんに遠慮して誰も言わないでしょうが、大映の平成ガメラの第一作を元ネタにしています、絶対。ガメラとギャオスの設定など、そのままではないですか。古代文明と自然の摂理という違いはありますが、なにより、ムートー(MUTO)がギャオスにそっくりです。ちなみに、ムートーとは、Massive Unidentified Terrestrial Organism (未確認巨大陸生生命体)の略だそうです。別に、ギャレス監督が日本のプロレスラーの武藤のファンだった、ということではないようです(笑)。
 また、この怪獣のデザインと設定が素晴らしい。8本足ということはクモ類なのかもしれませんが、メスとオスが存在して、オスは飛ぶことができるのはアリのようですし、ゴジラも含めて放射能が主食という理由が、放射線の強い古代ペルム紀時代の生物だからというのも、微笑ましいじゃないですか。電磁パルスを発してあらゆる電子機器を狂わすという能力もいいじゃないですか。目くじらを立てることはありません。

 映像は、もう素晴らしいの連続です。まさに、21世紀の怪獣映画です。フルCGの見事な映像です。ゴジラの背中やしっぽなど、その巨大感はどうですか。そして、次々とジェット戦闘機がコマのように海面に落下するシーンなどは、何度見ても鳥肌が立ちます。これが特撮映画です。もう二度と、日本では作れないでしょう。ゴジラは、いわば大リーガーになってしまいました。日本で再びプレーすることはないでしょう。ゴジラは、60周年を機に世界のステージに立ったのです。日本の映画界の象徴のようで少し悲しいですねえ。 

 ストーリーも、ある親子の二世代にわたる目線で描かれており、よくぞ、ここまでうまく怪獣とつないだと褒めたくなります。いわば、戦争物なのに、一兵士の話と戦線全体の流れをうまくまとめています。戦争映画の手本のような筋書きです。
 しかも、落盤事故、原発事故、津波(原因不明)など、災害シーンのてんこ盛りです。

 一つだけ残念だったのは、ゴジラの足です。あれは象の足です。体がメタボ的でも、顔がクマかシェパードに似ているのは、東宝来の伝統ですので、気にはなりませんが、一寸、あの象足だけに違和感があります。二足歩行には向きません。
 ついでに言えば、ここ一番で放射能を吐くのは、劇的で良いじゃないですか。最後のアレも私は断然支持します。

 思えば、この映画が東宝怪獣映画の進化版であり、「パシフィック・リム」は、テレビ映画「ウルトラマン」の進化形だったのですねえ。なんとなく自分なりに納得しました。

« ダイバージェント | トップページ | 夏の怪談 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/56900249

この記事へのトラックバック一覧です: GODZILLA:

« ダイバージェント | トップページ | 夏の怪談 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30