無料ブログはココログ

« 超高速!参勤交代 | トップページ | ラストミッション »

2014年6月29日 (日)

オール・ユー・ニード・イズ・キル

Photo_4 昨日の映画のハシゴの2本目に選んだのが、先行ナイトショー上映の「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でした。観たい映画が溜まっているという中で、何故、これから上映期間が始まる映画を選ぶのでしょう。まったく、我ながら、場当たり的ですなア。

 でも、あの「ボーン・アイデンティティー」の監督ダグ・ライマンが、トム・クルーズ主演で撮ったSF映画なのですよ。目の前に観る機会があるのに、見過ごすことはできませんでした。あの予告編の映像もすごいじゃないですか。

 さて、物語は、日本の同名小説が原作らしいですが、宇宙からの謎の侵略者ギダイに、ほぼ壊滅されつつあるとき、トム・クルーズ扮する広報担当将校が、いきなり、最前線に送り込まれ、あっという間に戦死するのですが、すぐに、同じときに戻され、同じ日を繰り返すという奇想天外な体験が始まります。

 実は、ネタバレに近いですが、侵略者の血液を浴びると、時間のループの中に閉じ込められ、何度も同じ体験を、つまり死を味わうのです。失敗して負傷した時など、リセットするために撃ち殺してもらうのですが、また死ぬのか、というクルーズの表情がなかなか笑えます。

 そして、同じ経験を有する女性兵士の英雄とともに、何千回と死ぬ中で、徐々に敵の正体に近づいていくのです。さて、二人は、人類の危機を救えるのか、どうか。以下、映画をご覧ください。

 ともかく、近未来のノルマンディー上陸作戦の迫力が半端ではありません。兵器や装備は、まったくの架空のものですが、臨場感やリアリティは、さすがに、スパイ映画の雰囲気を一新した監督だけのことはあります。また、敵のギダイがすごい、あんまりに素早く動くので目に留まりません。あんな敵と肉弾戦の陸上戦を行うこと自体、無謀です。全滅は当たり前でしょう。

 この映画のミソは、何度死んでも、その時点でリセットされ、最初からやり直しになるのです。いわば、パソコンゲームと同じ要領です。日本の原作というのもよくわかります。

 さらに、死んだ場合、リセットされる時間軸はともかく、死んだ後の時間軸は、どうなっていくのでしょう。トム・クルーズは、失敗のたびに、撃ち殺されています。その回数の別の次元があるのでしょうか。どうも、時間ループに閉じ込められるという意味がよくわかりません。また、敵の正体は、ゲームのように、ラスボスがいるのですが、そいつが時間をコントロールしているらしいのですが、どうも、よくわかりません。映画の中では、更迭された科学者が、説明してくれたのですが、いかんせん、2本目の疲れた頭ではよく理解できませんでした。ラストも、何故、その時点に戻って、ハッピーエンドになるのか、不思議です。

 やっぱり、この歳では、レンチャンは無理でしたナ。できれば、映画のように、開演までリセットしてもらい、もう一度、はじめから万全の態勢で臨みたいものです。
 反省です。もったいないことをしました。気が早いですが、DVDで、もう一度、映画をきちんと再見することに致しましょう。

 ちなみに、まだパンフレットが劇場では発売されていなかったので、チラシをどうぞご覧ください。

« 超高速!参勤交代 | トップページ | ラストミッション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/56646713

この記事へのトラックバック一覧です: オール・ユー・ニード・イズ・キル:

» 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」トム・クルーズ映画に外れナシ!面白い! [soramove]
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」★★★★ トム・クルーズ、エミリー・ブラント ビル・パクストン、キック・ガリー ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット・ライリー ジョナス・アームストロング、フランツ・ドラメー出演 ダグ・ライマン監督、 113分 2014年7月4日公開 2014,アメリカ,ワーナー・ブラザース映画 (原題/原作:ALL YOU NEED IS KILL) 人気ブログ... [続きを読む]

« 超高速!参勤交代 | トップページ | ラストミッション »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30