無料ブログはココログ

« 月夜の出来事 | トップページ | マーシャン・ウォーマシン 宇宙戦争’53 »

2013年12月15日 (日)

3大B級クラシック・モンスター映画?

Img  B級映画の帝王と呼ばれたロジャー・コーマンの製作、監督作品「巨大カニ怪獣の襲撃」のDVDを購入しました。もう出来栄えは、見る前から予想はついて覚悟はしておりましたが、「50年代の『金星人地球を征服』の金星ガニ、『暗闇の悪魔』の大頭エイリアンとともに、3大B級クラシック・モンスター映画としてマニアックな人気の幻の作品」という宣伝文句に、まんまと騙されてしまいました。とにかく、予想をはるかに超える悲惨な出来の作品でした。

 というのも、宣伝文句にある金星ガニと大頭エイリアンは、確かに、そのユニークなデザインのため、日本のビリケン商会を始め、アメリカのメーカーなどからそのオモチャや模型が今でも販売されているほどの人気があります。どちらも、映画自体は、Z級のひどい物ですが、その秀逸なデザインだけは、B級映画に値するものでした。
 ところが、このカニ怪獣の映画については、映画評論でも、模型市場の中でも一度も聞いたことも見たこともなかったのです。普通なら見る気も起こらないはずなのですが、つい魔がさしたのか、宣伝文句に乗って、DVDを買ってしまったのです。どうも、昔から、三大○○というフレーズには弱かった(笑)。

 その結果は、映画の無残さはまだ許せますが、ともかく、その怪獣のデザインと造りの悪さはまさにZ級です。子供たちが学芸会で作るような代物です。大きな張りぼてはともかく、甲羅についた大きな瞳はもう絶句です。信じられないことに、これが表紙の絵のまんまなのですから驚きます。恐るべし、ロジャー・コーマン、その噂の真実を思い知りました。こんな映画をつくるために投資家から金を集めているのですから・・・。まったく、恐るべしコーマンです。

 ところで、こんな映画を「傑作SF映画選」のシリーズの名でDVDを発売するのは、販売会社としての良識を疑います。
 このシリーズは、これまで結構贔屓にして、埋もれた作品を発掘するとして感謝もしていたのでしたが、これからは是々非々ですな、全く。選定眼を疑います。
 購入代金1500円が本当に高く思えます。嗚呼、もったいない。私、怒っています。とても、このブログのタイトルに「傑作SF映画選」とは書けません。本来なら完全に無視すべき映画ですが、怒りのあまり、暇にまかせてブログを書いてしまいました(笑)。   

« 月夜の出来事 | トップページ | マーシャン・ウォーマシン 宇宙戦争’53 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/54267747

この記事へのトラックバック一覧です: 3大B級クラシック・モンスター映画? :

« 月夜の出来事 | トップページ | マーシャン・ウォーマシン 宇宙戦争’53 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30