無料ブログはココログ

« アトム | トップページ | ディロフォサウルス »

2013年10月22日 (火)

マイ・ブーム クロニクル

 映画「クロニクル」は、どうにも後を引きます。いま、まさに、マイ・ブームなのです。
 ヤオフクなどを漁っても、やっぱりパンフレットは見つかりません。ところが、既に英国ではブルーレイが発売されています。しかも、DVDと違って、日本と米国が同じ販売圏になっているせいか、日本語字幕付きなのです。そのブルーレイがなんと出品されているのです。こうなれば、日本発売日まで待てません。もう一度、しっかり見たい,、あのクリプトン星から来た宇宙船を(笑)。・・・ということで、落札してしまいました。

 こんな私を見かねてか、この映画を紹介してくれた友人からチラシをいただきました。このチラシも配布部数が少ないようです。 ありがたいことです。Img_0001

 チラシの表紙に使われている屋上のシーンも忘れられません。あれ、3人だったけ?

Img_0002  裏面の解説によると、宣伝口とは思いますが、全米ナンバー1ヒット、クロニクル現象を起こしたそうです。さもありなん、うん、うん。

 また、この新人監督は、ジョシュ・トランクという名ですが、この作品のヒットで、あの駄作の大作「ファンタスティック・フォー」のリメイクを演出するようです。
 ・・止めた方が良いと思います。どんなにセンスが良くても、無駄なものもあります。新たな才能を潰してしまうようで心配です(笑)。

 さらに、アンドリュー役のディン・デハーンは、「アメイジング・スパイダーマン2」の敵役を演じるとのこと、これは似合いそう。

Img  ほら、もう、ブルーレイが届きました。劇場公開版とは別に、エクステンデッド版が付いています。誠にお徳ですよ。さきほど隙を見て、居間のデッキで日本語字幕版が映ることだけは確認できました。さあ、お楽しみは、これからだ。

 それにしても、ブルーレイについては、もう日本での発売日を待つ必要もないですなあ。USアマゾンでの注文で、早く家庭で楽しめますカナ?

<追伸>

 翌日になって気がつきましたが、日本のアマゾンでも、この映画のブルーレイが販売されています。北米、つまりUS版で、日本と同じリージョン1です。ところが、ユーザーの声を聞くと、日本語字幕も吹き替えも入っていないそうです。一方、英国、つまりUK版には、商品説明には記載がないものの、日本語字幕も吹き替えも入っているのです。つまり、わたしが落札したブルーレイです。どうやら、リージョン・フリーの盤らしいのですが、どうして、こんなことが起こるのでしょう。 どなたか、業界の事情通の方に教えてもらいたいものです。
 加えて、この映画は、2012年の公開の作品で、日本ではこれまで未公開、お蔵入りだったそうです。だから、劇場料金が1000円だったし、DVDもブルーレイも欧米では既に発売されていたのです。
 ・・・まだまだ、劇場公開後すぐに、居間で映画を楽しむことは先の話らしい。ま、楽しみは先の方が良いかも。あんまり直後に見ると、せっかくの感動の憑き物がかんたんに落ちてしまいますから(笑)。

« アトム | トップページ | ディロフォサウルス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/53688447

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ブーム クロニクル:

« アトム | トップページ | ディロフォサウルス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30