無料ブログはココログ

« ウルヴァリン SAMURAI | トップページ | 脳男 »

2013年9月15日 (日)

007は二度死ぬ

Img  「007は二度死ぬ」は、主演のシューン・コネリーが人気絶頂だった時代に作られた、日本を舞台にした唯一の007映画です。007映画は、まだまだ世界が遠かった時代に、世界中の観光名所を紹介する映画でもあり、毎度ながら、有名な観光地を贅沢に映し出します。
 この作品では、日本の国技である相撲の国技館や国宝である姫路城のロケ、雄大な阿蘇山を背景にした海女との生活など、欧米人にとって遥かなる未知なる日本文化を紹介しています。その結果、日本人が見ると、誠にヘンな日本文化を描いた作品でもあります。

 何十年ぶりかで、再見してみると、さすがに大人向けの娯楽作品です。もう、定番の冒頭タイトルからして、半裸の芸者ガールの影絵のオンパレードです。本編でも、訪日早々、007は、日本秘密警察のボスに扮した丹波哲郎から、日本式浴場でビキニ姿の湯女のサービスを受けます。
 丹波は言います、「日本では、男がなんでも一番。女がサービスするのだ」と。レディ・ファースト世界の欧米男性の願望なのでしょうネ、きっと。しかも、夜伽付ですから、驚きです。もう、男達の願望の映像化です。

 それにしても、ボンドガールが若林映子と浜美枝ですから、「ウルヴァリン」とは雲泥の差ですネ。やっぱり美形がいい。浜美枝なんかは、いくら海女役とはいえ、後半、なぜか、ずうっと白いビキニですから(笑)。もっとも、海女の秘密情報員なんているわけはないし、姫路城も、忍者の訓練基地になっていました。そういえば、当時、撮影隊が国宝の柱に釘を打ったと大騒ぎでした。それに、多分、当時は、まだまだ忍者というのは欧米では知られていなかったんじゃないかな、とも思いますが、姫路シーンでは、かなり居合い術の巧い人などが出ていましたネエ。なんか、日本側が本気で協力しているような雰囲気です。現役の横綱もワンシーン出演していますから。

 この映画には、変なところがたくさんありますが、総じて、日本への憧憬が感じられ、なんとなく許せますなあ。万国共通の男の夢を大金を投じて使っている007映画だからでしょうか。日本人への変装も笑わせますが、ショーン・コネリーが若い。女好きもそのまんまのオーラが出ています。しかも、時代のせいか、女が吸い寄せられると、堂々と描かれています。
 やっぱり、ジェームス・ボンドは、初代に限りますぞ。

« ウルヴァリン SAMURAI | トップページ | 脳男 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/53269454

この記事へのトラックバック一覧です: 007は二度死ぬ:

« ウルヴァリン SAMURAI | トップページ | 脳男 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31