無料ブログはココログ

« ジェイスン・ステイサム | トップページ | ホワイトハウス・ダウン »

2013年8月14日 (水)

ウォリアーズ

 アマゾンのバーゲンは困りものです。3枚300円とか、というありきたりなセールを始め、結構大幅な値下げ率の目玉商品があったりして、しかも、あと残り数が1個となると、気になる商品は思わず買ってしまいます。これは今夏の猛烈な暑さのせい・・ではありませんよネ。反省です。

Img_0001  戯言はともかく、そうした商品の中に「ウォリアーズ」を見つけました。この映画は、以前、見たことがあるのですが、あんまり面白くなかった覚えがあります。

 お話は、ニューヨーク中のストリート・ギャング達が一堂に会したブロンクスの集会の最中に、最大グループの大ボスが暗殺され、その濡れ衣を着せられたグループ「ウォリアーズ」が、自分のシマであるコニーアイランドに逃げのびるものです。わずか一晩の、しかも地下鉄で約1時間の距離の間の物語です。
 設定は面白いものの、ストリート・ギャングというより、チンピラ・グループの素手が中心のチンケな戦いなのです。

 しかし、結構、世の中では評判が良くて、とりわけ、有名なロック・グループのように、顔をペイントし、野球のユニフォームを着てバットを振り回す、チンピラグループが有名です。フィギュアにもなっているようです。
 こんな状況もあるので、もう一度、きちんと見てみようと思い立ちました。

 今回、再見すると、夜のニューヨークの映像が冷たく美しい。蛍光灯の妖しさと無人の道路や荒廃した街並みが見事です。これは、キャメラマンの技が凄いと断言できます。
 その映像に騙されたように、何か起こるかもしれないと期待を抱きながら、最後まで見てしまいました。結局、あんまり大した戦いも結末もありませんでしたが、見ている間の自己妄想的なスリルはなかなかのものです。これだけは十分楽しめます。

 ところで、ニューヨーク市の地下鉄は24時間動いているのですか? それに、地下鉄の改札も無人の如くとはこれ如何に? と考え出すと、夜も眠れません(笑)。

 
  

« ジェイスン・ステイサム | トップページ | ホワイトハウス・ダウン »

コメント

どうやら24時間営業のようです。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%B8%82%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84#.E9.81.8B.E8.A1.8C.E6.99.82.E9.96.93.E5.B8.AF

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/52883370

この記事へのトラックバック一覧です: ウォリアーズ:

« ジェイスン・ステイサム | トップページ | ホワイトハウス・ダウン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30