無料ブログはココログ

« 大型豪華本 クロニクル | トップページ | オブリビオン »

2013年5月19日 (日)

傑作SF映画選

Img  「傑作SF映画選」というシリーズ名で、かつての1950年代のB級SF映画が次々とDVD化されています。誠に喜ばしい限りです。これまでも、ユニークなデザインの金星ガニだけが有名な「金星人、地球を襲撃」などが発売され、その都度、ご紹介してきました。
 今回、1957年の「極地からの怪物 大カマキリの脅威」という映画が初めてDVD化されました。この映画は、北極海に眠っていた大カマキリが、なぜか地球の反対側の南極の異常で復活し、人々を襲うという、典型的なB級SF映画です。実は、これまで、わが国では劇場公開も、ビデオ化も、LD化もされていなかった幻の作品なのです。発売会社のご英断を高く評するものです。
 というのも、かつて、名編集者だった大伴昌司氏のキネマ旬報のSF映画の特集号などに、この映画の1シーンの写真がよく掲載されていたのです。高速道路のトンネル内で、衝突した多数の車の向こうに、大きなカマキリの頭部が横たわっているのです。つまり、退治された後のシーンなのです。モノクロのなかなかインパクトのある風景写真です。その時は、わが国の怪獣映画とは、一味違う凄い映画と思い込みました。しかし、それは、1枚の写真に騙された、とんでもない誤解でした。それを、今回、改めて痛切に感じました。アメリカB級映画お得意の、軍隊の実写映像を組み合わせ、不鮮明なシロクロ画面の中で、コマ送りのぎごちないカマキリが動く映画だったのです。いまさらながら、当時の円谷特撮は、世界最高水準だったと確信します。

 さて、この「傑作SF映画選」シリーズのDVDの冒頭には、次のようなで文章で始まる意気込みが記載されています。「本作は、後世に残すべき文化財の普及を目的として製作致しました。・・・」と。その心意気やよし。これからもどんどん期待しましょう。事実、さまざまなB級、C級の作品が発売されていますので、私としても、今後、一層応援したいと思います。

 ちなみに、今回は、ダンボール箱でできたようなロボットが登場する「ロボット大襲来」や、張りぼての宇宙人が登場する「惑星Xから来た男」や「クロノス」などが、バーゲンセールになっていたので、思い切って購入しました。いくら1作1500円とはいえ、鑑賞後の悲哀と悔恨、置き場所の確保などの観点からいうと、割安になったらB級映画の歴史を知る上で買ってもよい程度の作品が多くて、実は、様子見ながらの、作品の普及運動の応援なのです。あしからず(笑)。歴史の真実は、苦いものです。Img_0002  

« 大型豪華本 クロニクル | トップページ | オブリビオン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/51693683

この記事へのトラックバック一覧です: 傑作SF映画選:

« 大型豪華本 クロニクル | トップページ | オブリビオン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30