無料ブログはココログ

« 蝦夷館の決闘 | トップページ | アイアンマン3 »

2013年4月28日 (日)

ラストスタンド

 アーノルド・シュワルツネッガーの本格的な復帰作とも言われている「ラストスタンド」を観て来ました。ターミネーターがすっかり老けて、第1作でお馴染みともいえる床にぶっ倒れたシーンで、「オールド」と自嘲する予告編に心惹かれて劇場に足を運びました。

Img  この作品はアクション娯楽映画の快作です。観客のツボをしっかり押さえて、もう気分爽快です。映画の中の仕掛けに何度も頷きます。巧すぎです。800円もするパンフレットを紐解けば、監督はキム・ジウンという韓国人の監督で、アジアのジェームス・キャメロンと呼ばれているそうな、さすがに宣伝では巧いことを言いますナ。しかし、正直そのとおりです。この監督のハリウッドデビューがシュワルツネガー主演映画なら、今後も大いに期待できます。(それにしても、日本人はどうしているのでしょうね?出でよ、日本のスピルバーグ!!今の日本の軟弱社会では国際社会ではやっぱり無理かな?)

 さて、前置きはこのぐらいで、物語は、元ロスアンゼルスの凄腕の麻薬捜査官だったシュワルネッガーが引退して、メキシコとの国境近くの田舎町で保安官をしているのです。町には、銃器マニアの変人がいるぐらいで、何も事件の起こらない平和な町。
 一方、ラスベガスでは麻薬王が脱獄し、時速400Kmを誇るシボレーコルベットZR1の怪物級の特別仕様車を操り、シュワルツネッガーの住む町を通過し、国境突破を図ろうとするのです。しかも、ハイテク武器を駆使する麻薬カルテルの傭兵達が、先乗りして仮設橋の建設や、ハイウエイを守る警察への容赦ない攻撃などのシーンには、単なるドンパチだけでなく、いつも一種の驚きを演出しているのです。秀逸なストーリーに加え、周到に用意された演出上の仕掛けが心地よい効果を挙げます。このへんが、シュワルツネガーが客演した「使い捨て軍団」の映画とは雲泥の差になっています。

 それにしても、最後の砦(ラストスタンド)として、田舎の保安官ら5名が立ち向かうのが、第一次世界大戦以降の古い銃器なのです。ただ、やはりその素朴な威力は凄いなあ。しかも、キャラクターがそれぞれきちんと描かれています。定石の美人の保安官、軍隊経験のあるその元旦那、昔ギャングの武器で有名なトンプソンサブマシンガンを掃射するメキシコ人の五郎兵衛のような助手、銃器マニアで様々な骨董的武器を提供し、自分では名前をつけたマグナムを愛好する変人、そして、まず最初に犠牲になることが初めから予想される気の良い三枚目の助手。また、侵入者にいきなり猟銃をぶっ放す頑固爺とか、よれよれのくせに悪人を撃ち殺すおばあちゃんなど、いかにもアメリカの片田舎には実際いそうですナ。
 敵の幹部のおっさんも、レーサーが趣味の麻薬王も、観客が期待しておるように、しっかり描かれています。冒頭の脱獄シーンから、美人警官の拉致、トウモロコシ畑などでのアクションシーンまで、まったく目を離せません。きめ細かな伏線や小技の意外性を楽しんでください。まさに、日頃の憂さを吹き飛ばす、時速400kmの爽快な娯楽作品です。ぜひ、ご覧ください。
 

  

« 蝦夷館の決闘 | トップページ | アイアンマン3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/51409623

この記事へのトラックバック一覧です: ラストスタンド:

» 映画「ラストスタンド 」シュワの復帰作の出来に満足! [soramove]
映画「ラストスタンド」★★★★ アーノルド・シュワルツェネッガー,フォレスト・ウィテカー ジョニー・ノックスヴィル、ロドリゴ・サントロ ジェイミー・アレクサンダー、ルイス・ガスマン 出演 キム・ジウン監督、 107分、2013年4月27日より全国公開 2013年、松竹/ポニーキャニオン (原題/原作:THE LAST STAND) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どん... [続きを読む]

« 蝦夷館の決闘 | トップページ | アイアンマン3 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30