無料ブログはココログ

« 遊星からの物体X ファーストコンタクト | トップページ | 宇宙船の襲来 »

2013年1月12日 (土)

ルーパー

Img  映画「ルーパー」を見てきました。ダークナイトでロビン役を暗示させた、若手の俳優が主人公を演じ、30年後の世界からタイムトラベルして来る本人をブルース・ウイルスが演じる奇妙な物語です。この若手の俳優さんは、鼻の形をブルース・ウイルスに特殊メイクで、似せているのかな? よく似ています。それにしても、タイムトラベルといえば、昔は、過去と未来の同じ人間は、会うことができないようなルールがあったという気がしたが、いまや、何の禁忌もないようです。もっとも、ふたりが会うことが前提ですから、話が進まないか(笑)。

 題名の「ルーパー」とは、未来から送られてくる人間を、その転送された時刻に、その場所で、銃殺する職業の名前なのです。もちろん、非合法の犯罪組織間の取り決めによるものですが、最後には、30年後の自分を処刑することも定められているようです。ここで、自分を殺せなかったことから悲劇は起こります。主人公の親友は、30年後の自分を逃がしたばかりに、腕に文字を彫られたり、指や鼻、はては足や腕まで切られます。当然、逃亡した30年後の身体には、その都度、その部分が消えていくのです。結構、えぐい演出です。

 主人公は、ルーパーで貯めた銀塊を元手に外遊するものの、資金の枯渇とともに、いつしか強盗など凶悪犯罪を繰り返します。ウイルスの頭髪の減少で時間の経過が演出されているのは、少し笑えます。少しというのは、身につまされるから(笑)です。その中で、アジア人の女性とめぐり合い、人生を更正するのですが、結局、30年目に犯罪組織の手にかかり、愛する女性を失うのです。復讐の鬼となった主人公は、たった一人で犯罪組織を統一したという謎のボス、通称「レインメーカー」を、過去に戻り抹殺しようと、生年月日と出生病院に関するタレ込み情報に基づき、3人のこどもを殺そうとします。もう一回、ゼロからやり直そうとするのです。
 この辺は、すっかり「ターミネーター」です。しかし、最初の一人は、結局人違い、二人目は、自分のなじみの女の子どもなどと、救いようのない展開が続きます。そして、3人目のこどもの家庭は、ある秘密を抱えているのですが、今度は現在の主人公がこの子どもを守ろうとします。本人対本人の戦いの構図となるのです。
 面白いといえば、面白いといえます。鑑賞中は、先の展開が読めない、というより、前述のとおり、まったく共感できる主人公達の行動ではない(若い時も完全な自己中心のチンピラ)ので、心が少しも動きません。結局、最後のあっと驚く仕掛けによって、なんとか納得させるラストになるわけですが、・・・いろいろSFの趣向は考えた脚本ではありますが、やっぱり、面白い映画とはいえません。・・これが結論です。

追伸

 上記のパンフレットが正方形の形で、値段が800円もしました。使いにくいし、買いにくいゾ(怒)。

 

« 遊星からの物体X ファーストコンタクト | トップページ | 宇宙船の襲来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/48716028

この記事へのトラックバック一覧です: ルーパー:

« 遊星からの物体X ファーストコンタクト | トップページ | 宇宙船の襲来 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30