無料ブログはココログ

« スカイフォール007 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q   »

2012年12月 5日 (水)

大逆転

Img_new  久しぶりに、コメディ映画「大逆転」を見ました。何故か、突然、見たくなったのです。実は、この映画は、DVDを持っておらず、レンタルで再見しました。

監督は、ジョン・ランディスです。この監督さんの映画は、なぜか、いつも映画リズムが悪いような気がするのですが、この映画だけは、なかなか感じが良いのです。なにしろ、エディ・マーフィとジェレミー・リー・カーティスを人気俳優に押し上げた、コメディの傑作です。

筋は、大金持ちの兄弟の1ドルの賭けにより、人生を狂わされた二人の復讐劇とそれを助ける娼婦と執事のお話です。とはいっても、コメディですから、不意にどん底に落とされ、自殺寸前にまで追い詰められるシーンも、笑いを提供します。が、併せて人生の悲哀までも感じさせるところが、傑作というものでしょう。もっとも、そうした雰囲気をぶち壊すような、スイス娘やゴリラの着ぐるみなど、ドタバタ度も過激に展開します。

 この映画の見所は、ジェレミー・リー・カーティスです。落ちぶれたダン・エイクロイドを優しく助ける、蓮っ葉ではあるが、気の良い娼婦の役柄です。
 その彼女が商売用のカツラを取り、短髪の素顔が現れた瞬間は、まさに、新たなスターの誕生でした。しかも、娼婦役ですから、上半身をすっぱり脱いで、ずぶ濡れで失意のエイクロイドを優しく介抱するシーンは、見事です。この作品で英国アカデミー賞助演女優に選ばれたようですが、私も大いに推します。

 なお、話は全く違いますが、ジェフリー・ディーヴァーの「リンカーン・ライム」シリーズの新たな映画化に際しては、美形の女警察官アメリア・サックス役に、是非、ジェレミー・リー・カーティスを推します。

 ということで、遅まきながら、上記のように、DVDを購入しました。

« スカイフォール007 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q   »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/48099233

この記事へのトラックバック一覧です: 大逆転:

« スカイフォール007 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q   »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30