無料ブログはココログ

« 宇宙人ポール | トップページ | エクスペンダブルズ2 »

2012年10月21日 (日)

アイアンスカイ

Img_new_2  今話題の「アイアン・スカイ」を封切日の初回上映で見てきました。

 実は、この映画は、フィンランド人の監督作品だそうで、製作費の一部の1億円を募金して完成したというイワクつきの映画で、何故か、全国的な公開より半月以上も遅れての地方上映です。一時は、公開されないのではないかと心配もしました。というのも、お話が、ナチスが月面の秘密基地から地球に攻めて来ると言う、とんでも映画なのです。

 日本では、どうもピンと来ませんが、欧米では、最近、ナチスは絶対的なタブーだそうで、鍵十字のマークやナチ国歌などは禁止されているそうです。子供向けのテレビや映画にナチの残党が登場する、旧同盟国の日本ではその雰囲気はわかりません。多分、それだけナチへの恨みが深いのでしょう。(この映画を契機に出版されたナチ映画の解説本の引用です。)それを欧州の一部であるフィンランドで映画化しようとし、実現したのですから、監督の勇気と機知に、まずは敬意を表しますが、映画の出来はまた別の話でし、公開の遅れは、当局の圧力か、出来の悪さか、と心配していましたが、杞憂でした。

 この映画の製作者は、ナチスの紋章も含め、台詞や動作にも徹底した考証をほどこし、さらに、想像を膨らまして空飛ぶ円盤の形や機能をデザインしています。コンピュータが未発達という設定のため、歯車やシリンダーで動く巨大なメカ兵器というイメージを誠にうまく造形しています。この辺は、いかにもドイツ的な「メトロポリス」のイメージですし、アダムスキー型の小型円盤、隕石を牽引する飛行船型の貨物宇宙船、究極の巨大円盤型最終兵器、月の裏側、これを「ダークサイド」と呼称し、笑いをとってますが、鍵十字型の月面要塞など素晴らしい出来です。解説によると、すべてCG技術の産物だそうです。ハリウッド製のデザインにはない、重厚さと深みがあります。

 しかも、この映画は、ナチスの亡霊だけをパロディにしているのではありません。さまざまなエピソードを通じて、現代社会を風刺します。ショービジネス化した選挙や政治の崩壊、パワハラの女性広報官の狂乱ぶり等、なかなか笑えます。とりわけ、現代のアメリカの横暴について、極右翼の女性大統領(実際のモデルあり)を登場させることにより、徹底的に皮肉ったほか、国連に集まる各国のエゴイズムを毒のある笑いの中で告発しています。もちろん、その国の中には日本も入っています。(最近の国際社会の評価の低下からか、何故か、一寸うれしいゾ。)

 そして、ナチスの逆襲もあっけなく破綻し、新・旧の総統などの最後も、なんとも馬鹿馬鹿しいものですが、それ以上に、各国の帝国主義の末路は、「博士の異常な愛情」を髣髴させる、ラストを迎えます。お見事!!。

 なお、くれぐれもエンドロールが始まっても、席は立たず、最後までじっくりご覧ください。

« 宇宙人ポール | トップページ | エクスペンダブルズ2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/47534735

この記事へのトラックバック一覧です: アイアンスカイ:

« 宇宙人ポール | トップページ | エクスペンダブルズ2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30