無料ブログはココログ

« トータル・リコール | トップページ | アベンジャーズ »

2012年8月27日 (月)

るろうに剣心

Img_0003_new_0001 「るろうに剣心」、若者に人気の佐藤健が主演の時代劇です。原作のコミックもなかなか人気だったそうです。
 ストーリーとしては、維新のために刺客として、人斬り抜刀斎とも恐れられた剣客が、明治の時代になって、人を斬らない誓いを持って、数々の戦いに向かうという、なんとも面白そうなお話です。

 そのコミックをNHK大河ドラマの「龍馬伝」のディレクターが、人斬り以蔵を演じた佐藤健を使って、実写化するものです。龍馬伝の演出は、スモークばかりで、巷でいうほど評価するものではありませんが、時代劇ファンとして、まずはお手並み拝見という気持ちです。

 それにしても、剣心の使う逆刃刀には感心しました。要は、峰と刃が逆になっているのです。つまり、内に曲がった側に刃がついています。人を切ることは出来ず、常に峰打ちになるものです。これなどは漫画ならではの発想でしょう。さらに、中国の三国志に出てきそうな、巨大な斬馬刀、あるいは「心の一方」という白土三平漫画の技も出てきます。敵方も、どくろ仮面や短刀使い、格闘家など多士済々のメンバーです。極め付けは、香川照之の貿易商です。丹下段平のノリで、悪ふざけが過ぎるようなハチャメチャ演技ですが、今回は作りすぎですナ。

さて、肝心の殺陣ですが、冒頭の合戦シーンは、群集のチャンバラが気の抜けたようで、あ、これは失敗だなと思った瞬間、剣心が登場しました。デジタル撮影の威力でしょうか、なんともスピードが早い殺陣です。なかなか頑張っていると見直しました。また、人が爆風でなぎ倒され、飛ばされた挙句、木にあたって跳ね返るシーンは、なんとも痛そうで、力の入ったアクションでした。ともかく、佐藤健の動きが早い、よく走り、よく飛んで、動きます。それだけでも、一見の価値があります。それにしても、蒼井優まで飛ばされたのには驚きです。女優根性の人だけはあります。

 動きが早く、刀が残像化することなどは、撮影技術がハリウッド並みに凄いのかもしれませんが、そのことで、新しい時代劇の出現とまではいえません。ただ、香港時代劇とは一味違う、リアルな時代劇になっています。それに、江口洋介と吉川晃司になかなかの存在感がありました。特に、吉川は「鳥刺し」に引き続いての剣豪役です。頑張っています。映画が終わって、隣の席の若い女の子二人が面白かったと話していましたので、この機会に、時代劇が隆盛してくれればよいのですが・・・。
 それにしても、写真のパンフレットが800円とは高すぎますゾ。

« トータル・リコール | トップページ | アベンジャーズ »

コメント

さりげなく剣心の奥さんが登場していて『あ、売れたら続編やるんやな』とニヤリとさせる演出がありました(笑)。
剣心には『るろうに剣心』が好き嫌いとは別にアニメファンから『伝説の傑作』と呼ばれるOVAがあって『追憶編』剣心が、“人斬り抜刀斎”になるまでの経緯と『星霜編』晩年、剣を持てなくなった後も償いのための旅を続けた剣心の死までを描いた2本の作品があります。
自分的には剣心のファンでも何でもなかった当時、これを見て涙が止まらなかった覚えがあります、良かったらレンタルででも見て損はない作品化と思います。

是非、見たいと思います。貴重な情報ありがとうございます。・・・ラーの完成がとても楽しみです。期待しております。頑張ってください。

星霜編には、監督が脚本を暴走させて、その結末に原作者がどん引いたなんて話もありますね。

さておき、アクションを前面に押し出したこの映画は中々に良作でした。CG等を使用していない(日本映画のCGはどうにも安っぽい)事もヒットの秘訣でしょう。
少しだけ、刀が青龍刀見たいにぐにゃりと曲がることがありました。あの速度の殺陣を行うのでしたら仕方無いとも思いますし、帰ってスピード感を感じさせる演出になっていて良いとも思いますが、時代劇としては気になる人もいるかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/46846127

この記事へのトラックバック一覧です: るろうに剣心:

« トータル・リコール | トップページ | アベンジャーズ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30