無料ブログはココログ

« 大アマゾンの半魚人(その8) | トップページ | ミッション・インポシブル ゴースト・プロトコル »

2012年4月29日 (日)

大アマゾンの半魚人(その9)

模型塗装の再開の第2弾です。やっぱり、しつこく「大アマゾンの半魚人」です(苦笑)。今回のキットは、名匠大石透(かつてのマーメイドの造型師)の手になる「ツクダの半魚人」です。ガレージキットの初期の頃の傑作です。個人的には、生まれて初めて模型なるものを塗装したものであり、そのあまりにお粗末な出来栄えを家族に笑われたという、記念すべき第一号のキットです。
 高さは、1/5でしょうか、38cmぐらいあります。その大石デザインともいうべき造型は素晴らしいのですが、いかんせん、まだまだキット化の技術が未熟だったのでしょうね、体表のモールドが甘いこと、つまり、鱗の彫り込みにバラツキがあること、また、胴体や足の継ぎ目処理が雑過ぎることなど、若干、問題もあります。

今回は、以前に塗装したものをリニューアルしようとするものです。一度塗装しているものをシンナーで剥ぎます。これが結構手間がかかりました。アチラこちらに、塗料やサーフェイサー塗布部分を残しながらの作業になりました。

H24429_0061 私流、究極のシンプル半魚人塗りを記録を兼ねてご紹介します。①まず、全身をラッカーのシルバーで隈なくエア塗ります。②その上に、ラッカーのクリアイエローをそれなりにエア塗ります。③さらに、、ラッカーのクリアブルーを濃淡を付ける部分を中心にエアで重ね塗りします。ただし、腹の蛇腹は塗りません。④ここから、エナメルの薄めのクリアオレンジ+α(ほんの少々のクリアブルーを混ぜる)を影の部分を中心に筆塗りします。⑤最後に、半光沢のクリアを吹き付けて終了です。・・・誠にかんたん、手軽です。どなたにも出来ます。H24429_0081 H24429_0071

« 大アマゾンの半魚人(その8) | トップページ | ミッション・インポシブル ゴースト・プロトコル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大アマゾンの半魚人(その9):

« 大アマゾンの半魚人(その8) | トップページ | ミッション・インポシブル ゴースト・プロトコル »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30