無料ブログはココログ

« COMMANDO ミレニアムモデル | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »

2012年2月29日 (水)

猿の惑星 創世記

「猿の惑星 創世記」の公開中は、どうしても足が劇場に向きませんでした。最新の技術を用いて、あのチャールトン・へストンが砂浜に号泣した、名作「猿の惑星」の世界が始まった、ことの起こりを描いた映画なのです。チンパンジーがリアルなだけに、なにかシンドそうで見たくなかったのです。

Photo DVDが発売されましたので、やっと恐る恐る見ました。意外と、あっさり感で、それほど後味が悪くなくて、楽しめました。猿のシーザー役は、アンディ・サーキスです。「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムに続き、「キングコング」のキングコングを演じ、もうすっかり、このCG役者として第一人者です。素顔は「キングコング」のコック役です。

それにしても、今頃、何故、「猿の惑星」なのでしょう。その辺が、謎ですねえ。

« COMMANDO ミレニアムモデル | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/44317511

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の惑星 創世記:

« COMMANDO ミレニアムモデル | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30