無料ブログはココログ

« 宇宙水爆戦 DVD化 | トップページ | ケ・セラ・セラ »

2011年11月 6日 (日)

大アマゾンの半魚人(その7)

「大アマゾンの半魚人(その6)」の後編です。いや、中編というべきでしょうか。その6で、紹介しましたアメリカから個人輸入したレジンキットをなんとか、組み立てました。

このキットは、鱗などの体表面のモールドが浅く、言わば、つんつるの状態でしたので、電動ツールを駆使(?)して、やっと全身にうろこを彫り込みました。溝のような線を丸く描いただけですが、本当に疲れました。作業途中は、途方もなく広く、滑らかな体表面が目の前に広がっており、何度止めようとした事か、・・・。輸入物のガレージキットは、なにより、メーカーがしっかりしていることが大事です。メーカー不明では、こんな結果が待っています。まだ、未塗装の状態ですが、第1段階は、これで終了です。

H231106_0011_2 このモデルは、どうやら、頭が少し大きく、中身が詰まっている分、がらんどうの胴体と比べて重いようで、やや前向きのスタイルになってしまいますので、足元と台座の部分に、傾斜を付けて固める必要があります。それに、少し、太っている感じですな。いわば、陸上用のスーツの模型かもしれません(笑)。

そして、これから、サーフェイサーを吹き、カラー色を重ねていく手順なのですが、サーフェイサーを吹き付ければ、せっかく彫ったモールドが消えそうで心配(笑)ですので、当面、このままで様子見です。

H231106_0041 体表のモールドの彫り込みがわかりますでしょうか。何もないよりはマシな程度でしょうか。写真で見ると、あんまり、効果が出ていません。これでは、本当に、塗装が心配になります(汗)。

« 宇宙水爆戦 DVD化 | トップページ | ケ・セラ・セラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大アマゾンの半魚人(その7):

« 宇宙水爆戦 DVD化 | トップページ | ケ・セラ・セラ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30