無料ブログはココログ

« アパトサウルス | トップページ | キャプテン・アメリカ »

2011年10月10日 (月)

スカイライン-征服- 

我が地方都市では、劇場公開されなかった「スカイライン~征服~」をレンタルして、やっと見ることができました。

2_2 噂では、この映画は、実は低予算映画であり、コンピュータ・グラフィック技術で、大作風の映像を作り出しているということでした。

結果は、まさにその噂の通りです。なんとも、実写の部分は、一つのマンションの中とその周辺ので場所に限定され、また、登場人物は、数人の出演者にとどまります。話も、いまいち盛り上がりません。逃げるのも、隠れるのも、なんか中途半端なので主人公たちに共感できないのです。ドラマとしては最悪です。

ただ、CGの映像は、一定評価できます。昆虫のような、機械のような、円盤が襲来し、ロサンジェルスの上空に静止し、人間を吸引するシーンは、なかなかのものです。小型のタコのような円盤も、ビルにまで入ってきて執拗に人間狩りをしますし、途中登場する巨大な怪獣のようなマシーンも見ごたえがあります。ともかく、マンションから逃げ出そうとした瞬間、この怪獣の巨大な足が車を踏み潰すシーンはインパクトがありました。そういえば、この小型のヤツは、映画マトリックスに登場する敵のタコ型マシンにデザインが良く似ています。

当然ながら、CG映像だけでは、映画自体の評価は上がりません。ストーリーと実写のドラマ部分がしっかりしていないといけません。ラストも、なんかイマイチです。何故、人間を吸引するのか、その理由は、どうやら人間の脳みそを使って、様々な生物のようなマシンを作り出しているということまではわかりましたが、最後の最後で、何故、主人公の脳だけが創造主の命令に逆らえるのか、全くわかりません。劇中で説明らしきものがありましたか?どなたか、教えていただければ幸いです。

いずれにしても、我が田舎の劇場主の判断は正しかったと言わざるを得ません。この映画は、レンタルDVDで見るのが一番いいのかも知れません。

« アパトサウルス | トップページ | キャプテン・アメリカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/42420089

この記事へのトラックバック一覧です: スカイライン-征服- :

« アパトサウルス | トップページ | キャプテン・アメリカ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30