無料ブログはココログ

« 世界侵略:ロサンゼルス決戦  | トップページ | アパトサウルス »

2011年9月25日 (日)

ケイリー・グラント

「ケイリー・グラント」という俳優さんについて、多分、最近の若い人は知らないでしょうね。戦前から活躍していたハリウッドの大スターで、ダンディを体現した二枚目の代表選手の男優です。しかも、上品なユーモアを漂わせた紳士で、粋で、しかも多分に女たらしという男の理想像のような人です。

私などが知ったのは、学生時代に、アルフレッド・ヒッチコック映画に目覚めた頃、その常連の主演男優というイメージでしたが、その頃,もうすでに、壮年、いや初老の紳士という年齢でしたが、とにかく、様々な映画に出ています。サスペンス物では、何を考えているのか、わからないような顔つきが印象ですし、喜劇では、なかなか軽快な表情とユーモア溢れる台詞をしゃべります。アクション物も演じていますが、やはり、持ち味は、都会での美女との恋愛映画でしょう。ラブシーンのうまさは、実生活の豊富な体験から来ているようで、なかなか年季が入っています。

おもいつくままに、主演映画を並べてみると、戦前のアクション「ガンガ・ディン」、スクリューボールコメディの傑作「ヒズ・ガール・フライディー」、ヒッチ映画では「断崖」、「泥棒成金」、「北北西に進路をとれ」等、恋愛映画では、「めぐり逢い」、喜劇映画では、「毒薬と老嬢」、「ペティコート作戦」など、また、サスペンス映画?の「シャレード」などなど、どの作品もおしゃれでセンス抜群です。実は、多数の作品があり、シリアス物があるようですが、私は関知しません。

H23731_002 なぜ、今頃、往年のケリー・グラントの記事でしょうか?実は、生誕100周年記念として発売された、あまり有名でない主演作品のDVD-BOXを入手したためです。とはいっても、面白くなかったらどうしようかという危惧もあり、まだ中身を見ていません。いずれまた・・・(笑)H23731_003

ファンとして、義理で購入したものの、知っている作品は2つほどありますが、題名からして、あんまり面白くなさそうです。

« 世界侵略:ロサンゼルス決戦  | トップページ | アパトサウルス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/42012548

この記事へのトラックバック一覧です: ケイリー・グラント:

« 世界侵略:ロサンゼルス決戦  | トップページ | アパトサウルス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30