無料ブログはココログ

« エビラ | トップページ | カルノタウルス »

2011年8月28日 (日)

総天然色 ウルトラQ

「総天然色 ウルトラQ」とは、あのモノクロ映像の傑作空想特撮テレビシリーズを、最新の技術にて、カラーライズされたDVDーBOXの第一弾の商品名です。

Photo その宣伝文句には、構想18年、製作期間2年以上、日米共同制作の夢のプロジェクトと銘打たれています。うーん、ここまで書かれれば、買うしかないと、早速購入です。しかし、正直、これまでの経験からいうと、モノクロ映画のカラー化は、あまりよい結果を出しているとはいえません。前にもこのブログで書きましたが、私の知っているなかで、もっとも悲惨な例は、LD「カサブランカ」のカラー版でした。あの美しい銀幕のイングリッド・バーグマンが、粘土細工のゾンビ人形のようでした。逆に、もっとも良かったのは、レイ・ハリーハウゼンのDVDのカラー化です。もともと模型人形のアニメーションですので、あまり違和感がないせいかもしれません。

さて、それでは今回の結果はどうだったのかというと、登場するペギラやジュラン(マンモスフラワー)などのモノクロの怪獣が実際はどんな色だったのか、という疑問への回答という意味では、大いなる価値があったのかもしれません。絶滅した恐竜の本当の色を証明したかのような意義があります。・・かな?

しかし、映像的には、そのカラーライズ化の技術は拙いものと言わなければなりません。幕末の写真を色付けしたようななんとも悲しい出来なのです。何年も前の色あせたフィルムのような、全体的に褪めたような質感がなんとも悲しさを引き起こします。特に、人間の肌の色が死んでいます。皮膚呼吸(笑)をしていないのです。早すぎたカラー化でしょう。残念です。今後、下巻のBOXの発売もありますが、どうしようか、迷います。

« エビラ | トップページ | カルノタウルス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/41394739

この記事へのトラックバック一覧です: 総天然色 ウルトラQ:

« エビラ | トップページ | カルノタウルス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31