無料ブログはココログ

« アイ・アム ナンバー4 | トップページ | エビラ »

2011年7月30日 (土)

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」を封切り日に観て来ました。まあ、スピルバーグ製作とマイケル・ベイ監督への一種の義理立てです。というのも、まず、この物語がもともと変身オモチャから発想されたせいか、どうも馴染めないのです。何故、金属製の宇宙人が車に変身するのか。宇宙人のくせに、そんなに車が好きなのか、わかりません。さらにいえば、悪者と人類の味方の設定があまりにも単純ではないか等々、その世界観が納得できません(笑)。デザインもよくわかりません。金属性も老化すると、髭状のものが生えるのでしょうか。なんか、スクラップの寄せ集めの形状で笑えます。

3 さて、今回のストーリーは、人類初の月面着陸から始まりますが、そんなお膳立ても、竜頭蛇尾ともいえる展開です。途中のくだらないギャグやばかばかしい就活など目も当てられません。第一、ジョン・マルコビィッチがあの程度の役で何故出演しているのか、理解できません。しかも、新しいヒロインは、モデル出身だけに、スタイルだけは素晴らしいのですが、そんなポーズばかりの映し方のせいか、顔も演技もがっかりです。

しかし、特殊撮影は、このシリーズに期待していたとおり、かなりの迫力です。クライマックスの総攻撃のシーンは、かつて、少年誌で描かれた空想図を髣髴させるような、何隻もの宇宙船が飛来し、ビルを攻撃している絵柄です。感激です。屋上からの視点も素晴らしいし、ムササビのような降下シーンや地上を這う人々の目線からのビルを見上げるシーン、そして大蛇のようなメカニックも特筆の出来です。

惜しむらくは、・・というか、個人的に、悪役も含めて主人公たちのデザイン自体にどうも納得できないことが、この映画全体の評価の低さにつながっていることは否めません。悪しからず。

« アイ・アム ナンバー4 | トップページ | エビラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/41012882

この記事へのトラックバック一覧です: トランスフォーマー ダークサイド・ムーン:

« アイ・アム ナンバー4 | トップページ | エビラ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31