無料ブログはココログ

« デモンズクロニクル | トップページ | モスラ50周年 »

2011年6月25日 (土)

スーパー8

8 スピルバーグ製作で、内容不明のSF映画と聞けば、封切直後に劇場に足を運ばなければなりません。

さて、秘密主義を貫いて製作された作品でありますし、ここからネタばれですので、未見の方は、ご注意ください。その内容は、アメリカの田舎町で8ミリ映画を製作している子供達のグループが、偶然、軍用列車の脱線事故にめぐり合い、その貨物室から逃げ出したエイリアンと遭遇するというお話です。

いわば、「ET」のようなストーリーですが、なにしろ、エイリアンが、巨大で獰猛で、人まで食いますので、なかなかハードなつくりです。もっとも、その姿に似ず、宇宙船まで作り出す知能を持ったエイリアンという設定ですので、最後の最後で、少し甘い風味になるのが、スピルバーグ的でしょうか・・・。

ともかく、タイトルの「スーパー8」自体が8ミリの商品名ですので、子供たちのアマチュア映画作りや思春期の交友関係が中心で、それもなかなか楽しめます。スピルバーグ自身の自伝のような気もします。私自身、子供の頃、8ミリ映画製作に凝った時期がありましたので、なんとも懐かしい気がします。最後のタイトルロールの中で、子供たちが完成させた8ミリ映画の映像が出るのですが、24コマでチラチラする、ややボヤケタような8ミリ特有の画面は、真にうれしい限りです。もっとも、私の8ミリ映画の場合は、シングル8のモノクロの時代劇でしたので、あんな可愛らしい女性はいませんでしたナ。

それにしても、子供たちの青春時代と懐かしさを除くと、これまでによくあるストーリーでした。それほど秘密にして守るべき画期性は感じられません。それに、公開した以上、売り物のパンフレットぐらいには、エイリアンの姿を出して欲しいものです。あれは何本足ですか? どうも、宇宙船の技術とは結びつかない間抜けな顔しか、画面では見えないのです。今後、デザイン図だけでも、公開してほしいものです。

« デモンズクロニクル | トップページ | モスラ50周年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/40545031

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー8:

« デモンズクロニクル | トップページ | モスラ50周年 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30