無料ブログはココログ

« 大アマゾンの半魚人(その6) | トップページ | 妖怪絵巻 »

2011年5月 7日 (土)

百鬼夜行

かつて、食玩が流行った頃、日本の動物が主流の中で、妖怪を玩具にしたシリーズがありました。最初に出たのが、「百鬼夜行」です。第一弾は、たった8種類でしたが、彩色済みでない製品もあって、あらかじめ中身がわからない商品でしたので、全種類そろえるのが大変でした。

1 なかでも、「牛鬼」と「鎌鼬」は出色の出来で、これをゲットするのに、どれだけの投資をしたことでしょう、そして目指す物が出てきたときの喜びは今でも忘れられません(笑)。これは、チョコエッグでも同じでしたが、その後、オークションでフルコンプリートを落札するという禁じ手を使い始めましたので、その感動はもうありません。結果からいうと、そのほうが安く付きます。

どうですか、妖怪の造型は物凄いものがあります。人魚も素晴らしいでしょう。この造型師は、こうしたおどろおどろの造型では第一人者の竹谷隆之氏です。12

第2弾は、さらに透明の素材がふんだんに使われ、その手腕がいかんなく発揮されます。写真は、商品に入っていました説明書です。どうぞ、ご覧ください。

21 22

23 ちなみに、中身の実物は、ちいさなケース中で、チョコエッグの爬虫類やウルトラQ等のガシャポン宇宙人と並べて陳列中です。まるで違和感はありません。ケムール人、メフィアラス星人、ダダなど、まさしく現代の妖怪といっても差し支えはありません。このシリーズのほかにも、まだまだ異色の妖怪物がありますが、それはまた別の機会に・・・。H23313_0091   

« 大アマゾンの半魚人(その6) | トップページ | 妖怪絵巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百鬼夜行:

« 大アマゾンの半魚人(その6) | トップページ | 妖怪絵巻 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30